チェスターNEWS  -2016/07/04-

さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

関連キーワード:

相続開始直前に購入した投資用不動産の相続税評価について

相続開始直前に購入した投資用不動産の相続税評価について

相続発生の直前に、不動産を購入した場合、その不動産はどのように評価すれば良いのでしょうか。財産評価基本通達に従って、通常通り評価をしても良いのでしょうか。もしくは、購入金額に近い時価での申告が必要となるのでしょうか。

ここでは、相続開始直前に購入した投資用不動産の相続税評価について理論的に解説していきたいと思います。

1.直前に購入したモノでも原則は財産評価基本通達通りに評価

例え、相続開始直前に購入したものであっても、原則は通常通り、財産評価基本通達通りに相続税評価を行います。

相続開始直前に購入したからといって時価で評価しなければならないという規程はありません。但し、法人が購入した不動産については相続開始3年以内であれば相続税評価ではなく時価で評価しなければならないという規程がありますので注意が必要です。

2.税務署に指摘を受ける可能性があるとすれば「総則6項」

総則6項とは、財産評価基本通達 第1章総則6項(この通達の定めにより難い場合の評価)の通称です。以下のように書かれています。

財産評価基本通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する。

つまり、財産評価基本通達に従わない例外の規定がここにありますが、具体的にどういう場合がこれにあたるのかの例示はありませんので、今回のケースの場合で気を付けるべき点を次項で解説します。

総則6項について詳しく知りたい方は、「「総則6項」とは?税務署の伝家の宝刀!!」を参照して下さい。

3.気を付けるべき2つの点

3-1.購入時に被相続人の意思能力はあったか?

実は被相続人はすでに認知症になっていたり意識不明になっていたりと、不動産の購入時点で意思能力がなかった場合には要注意です。

不動産の購入自体を、被相続人ではなく、相続人が勝手に行った行為とみなされる可能性があります。その場合は、相続税評価においては不動産の財産評価基本通達通りの評価が行えない可能性があるでしょう。

3-2.相続発生後~税務調査の間に売却していないか?

相続開始直前に購入した不動産を、相続発生後に売却して換金していた場合。
この場合には、前項の総則6項の規定にひっかかる可能性があります。

かつて、同じような事例で納税者が敗訴している判例があります。
ただ、売却したから100%ダメと言うわけではなく、あくまで程度の問題も実務においてはあると思います。

4.まとめ

相続税の節税対策は難しいです。杓子定規にいかないものです。
素人判断で、いけるはずだ、と判断するのは非常に危険ですので、必ず経験が豊富な税理士に相談をするようにしましょう。

監修者 福留正明

【次の記事】:シンガポールには相続税という税制がない

【前の記事】:「名義預金」か「生前贈与」かの判定方法

« 一覧へ戻る

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • 事前登録割引制度
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学

税金に関するコラム