チェスターNEWS  -2017/06/20-

さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

関連キーワード:

増改築工事に伴う価値増加分が反映されていない貸家はどう評価する?

増改築工事に伴う価値増加分が反映されていない貸家はどう評価する?

被相続人が所有していた貸家(共同住宅)の増改築工事中に相続が発生した場合には、どのように貸家の評価を行うのでしょうか。増改築工事中では、固定資産税評価額が改訂されていないため増改築分の評価が反映されていないケースがあります。このケースの具体的な評価方法に関する定めは評価通達にないことから、財産評価通達5の(評価通達に準じて評価する規定)を基に評価することになります。

この評価方法について、平成28年12月7日採決(東裁(諸)平28第69号)のなかで、下記の通り各部分に分けて評価すると判断を示しております。

①改修工事完了部分
(増改築工事に係る再建築価額-減価償却費相当額)×70%

②改修工事中の部分
(再建築価額×工事進捗率)×70%

③改修工事未着手部分
固定資産税評価額-改修工事が完了した居室に相当する価額(工事完了部分)-改修工事中の居室に相当する価額(工事中部分)

上記のように、固定資産税評価が付されていない価値増加部分の評価については、工事進捗状況を反映した金額の70%相当額で評価することになりました。今後、財産評価通達で対応しきれないケースは多々あると思われるため、実務上、解釈で判断する必要は不可避といえます。

監修者 福留正明

【次の記事】:小規模宅地特例の要件(保有継続、居住継続、事業継続)と売買契約

【前の記事】:判例からみるマンション評価における財産評価基本通達の意義と問題点

« 一覧へ戻る

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学