チェスターNEWS  -2017/12/12-

さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

関連キーワード: ,

一般社団法人、小規模宅地等を利用した節税スキームに暗雲?

一般社団法人、小規模宅地等を利用した節税スキームに暗雲?今年の11月1日に開催された政府税制調査会において、日本税理士会連合会の神津信一会長は2つの節税スキームについて課税の公平上問題であると言及しました。

一つは一般社団法人を利用した節税スキームです。

一般社団法人には持分がありません。

このため予め法人に財産を移転しておけば、その法人を支配していた者が亡くなってもその者の財産として課税されず、亡くなった者の親族が引き続き法人を支配できる、つまり無税で資産を引き継ぐことができるというスキームです。

このスキームについて神津信一会長は、本来の一般社団法人の有益性・公益性を利用したものであると指摘しています。

もう一つは小規模宅地等のうち特定居住用宅地等を利用した節税スキームです。

特定居住用宅地等の適用を受けるために、被相続人と同居していない親族が満たすべき取得者ごとの要件の一つに、相続開始前3年以内に自己又は自己の配偶者の所有する家屋(一定のものを除きます)に居住したことがないことというものがあります。

この要件に着目して、資産管理会社等に予め建物を譲渡しておき、当該建物を社宅として居住することでその要件を満たすというスキームです。

このスキームについて神津信一会長は小規模宅地等の制度趣旨から逸脱した行為であると指摘しています。

いずれについても当初の想定から外れた制度の使い方をしていることを言及したものです。また以前から同様の観点で問題点を指摘されているものもあります。

節税スキームについては、提案されたものを安易に活用すると税務リスクが高くなる可能性があります。

特に相続税は長い目で見るべき税目であり、その影響額も大きくなります。

節税スキームを活用するのであれば、可能なら対象となる制度の立法趣旨等も考慮し、税務リスクを見極めながら行っていくことが賢い選択と言えるでしょう。

監修者 福留正明

【次の記事】:相続税の更正の請求~判決後なのに更正の請求ができない?~

【前の記事】:遺言が無効となる2つのケースと無効とされないための対策

« 一覧へ戻る

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学