チェスターNEWS  -2015/03/13-

さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

関連キーワード:

物納の撤回について

相続税が発生する場合、相続財産の金額や相続税の納付額は当然気になるところだと思います。しかし、相続税が発生する場合には、相続財産の種類にも注意しなくてはいけません。なぜなら、基本的に相続税は一括での金銭納付を強いられますので、財産の中に占める金融資産の割合が少ない場合には、相続人の金融資産や相続する不動産等を売却するなどして相続税額を用意しなければならないからです。

しかし、相続税申告は相続が発生してから10ヶ月以内という期限がありますので、その期限内に、遺産分割・売却・申告を行うことが難しい場合もあります。そこで認められているのが延納と物納です。

1.延納と物納

延納

納付すべき相続税額が10万円を超え、期限内に一括で納付することが困難である場合に、相続税を分割して支払う方法です。延納が認められるためには、担保提供などの要件がある上に、利子税がかかりますので、結果的に、銀行などから借入した方が低く抑えられる可能性もあります。

物納

延納によっても金銭で納付することが困難である場合に、相続した財産の中から、国債、地方債、不動産等の現物によって納付する方法です。なお、延納から物納への変更は認められませんが、物納から延納への変更は可能です。

2.物納の撤回について

相続税納付の例外として物納と延納が認められておりますが、不動産での物納の場合、その後撤回ができることはご存知でしょうか。
通常、物納を希望する場合には、相続税の申告期限(10ヶ月)以内に、物納申請書という書類を提出し、期限後3ヶ月以内に税務署が許可か却下かの判断を下します。この期限内に物納申請を取り下げることができるのは当然ですが、たとえ許可された後だとしても、撤回が可能なのです。

撤回の要件は以下の通りです。

  • 1. 賃借権が設定されている土地・建物であること
  • 2. 対象となる不動産が換価または公用・公共の用に供されずに現存していること
  • 3. 許可後1年以内であること
  • 4. 物納を撤回したとしても、金銭での一時納付ができるか、延納への変更許可が受けられること

以上の流れをまとめると下の図のようになります。

このように、税務署としては、現預金などの流動性のある資産が少ない場合や、相続人の間で遺産分割が難航している場合を考慮し、納税方法により、歩み寄りを図っております。ただし、物納要件を整える必要はありますし、物納する対象物件を選ぶことに時間がかかることもあります。また、物納はあくまで、相続税評価額(時価の80%程度)で計算されますので、売却し、その売却金額で相続税を支払う方がお得である可能性もあります。
つまり、状況に応じて、適格に判断されなくてはなりませんので、物納や延納の可能性が少しでもある場合には、お近くの専門家へご相談されることをおすすめします。

監修者 福留正明

【次の記事】:株式によって物納を希望する相続人が知っておくべきこと

【前の記事】:相続放棄をしても退職金はもらえるのか

« 一覧へ戻る

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • 事前登録割引制度
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学

税金に関するコラム