相続税の申告のために必要な準備

身内がなくなると、その身内が所有していた財産について相続が発生します。それによる相続税を納める必要も出てきますね。
しかし、その相続税の申告のために必要な準備にどのようなものがあるのか、意外に知られていないのではないでしょうか。いざという時のために、前もってきちんとした理解や知識を得ておくとよいかもしれません。

相続税申告のために必要な準備としてどのような確認・手続きが必要か

まず亡くなった身内が残した財産を相続する資格があるのは誰なのか、何人いるのかということを、しっかりと把握する必要があります。わかりづらい場合には、戸籍謄本などと照らし合わせる作業が必要になることもありますね。
また、亡くなった身内が遺言を残しているのかいないのか、これもきちんと確認します。公正証書として残されているのならよいですが、そうでない場合には、家庭裁判所へ行き公的に認めてもらう必要があります。
それから、亡くなった身内の財産というのは、プラスの遺産とマイナスの債務の両方が含まれます。相続というのは債務がある場合には、それも継ぐことになりますから注意する必要がありますね。
なお、相続する人が複数いる時には、それらの人全員が集まっている場での分割協議が必要になります。協議の結果、うまく分割できた場合には、遺産分割協議書を作成しなければなりませんね。なお、未成年がいる場合には、事前に、家庭裁判所で特別代理人を選んでから協議に入ります。
こういった準備を期限内にして、期限内に相続税の申告をして税を納めるようにします。
この期限というのは、亡くなった日の翌日から十か月の間におこなうことが必要になるので、できるだけ早め早めに動くとよいのではないでしょうか。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

預金口座の残高を確認する方法
銀行・郵便局などに預貯金している人が死亡し、その事実を銀行が知ると預金口座は凍結されます。預金口座が凍結されてしまうと、遺産分割協議が終了するまで預金の名義変更をできません。しかしそもそも、被相続人がいくら預金を預けていたのかを知ることがで […]
相続人ごとに別の税理士が作成した違う申告書を提出する場合
相続税申告書を共同提出できない場合には、税務署から税務調査を受ける可能性があります。 税理士が事前に擦り合わせを行うことで税務調査に来るのを防ぐことができますが、調停・裁判のようにそれができないこともあります。 共同提出できるのが一番 相続 […]
相続税申告書の提出方法
相続税の申告書は、税務署から送られてこなくても自分で判断して提出しなければなりません。 正しく提出するためにも、どの税務署に書類を提出すべきか等の事前の確認を怠らないようにしましょう。 相続税の判断は自分ですること 相続税申告書は、相続税が […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学