税務署の指摘に納得ができない場合の手続き

税務署からの指摘に納得がいかない場合、まず気をつけなければいけないのは、「修正申告」を行わないということです。税務署としては、修正申告を促してきますが、一度修正申告をおこなってしまいますと、後からその内容について異議を申し立てることができなくなります。ですので、流れとしては、まず税務署から更正を受け、そこから税務署に対して異議申し立ての手続き、さらに国税不服審判所に対する審査請求、そして最終的には裁判といった流れになります。

修正申告を行うか、更正をしてもらうか

修正申告を行っても、税務署から更正を受けても、延滞税と過少申告加算税はいずれもかかります。その税率は、相続税の場合、修正申告でも更正でも同一となっています。ただ、指摘後に早急に行えば修正申告を行った方が延滞税の起算期間を短くできます。

税理士はどこまでサポートできるのか?

税務署に対する異議申し立てと国税不服審判書に対する審査請求においては、税理士は納税者の代理人となれます。しかし、その先の裁判になってしまった場合には、税理士は納税者の直接的な代理人にはなれません。ただ、届け出を行うことにより、「補佐人」として、弁護士の訴訟代理人とともに出頭し、
陳述をすることができます。

つまり、裁判まで発展してしまった場合には弁護士の先生の力が必要になるということです。

期限に注意!

異議申立ては、処分の通知を受けた日の翌日から2か月以内に異議申立書を提出しなければなりません。また、審査請求は、異議決定書謄本の送達を受けた日の翌日から1か月以内に審査請求書を提出しなければなりません。

定められた期限を過ぎてしまうと、手続きができなくなってしまいますので注意が必要です。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

相続税の書面添付制度に対する意見聴取の具体的事例
相続税の書面添付制度とは、相続税申告書を提出するときに税理士が書面を添付することができる制度で、税務当局は、税理士による書面が添付された相続税申告書について税務調査を行う場合には、事前に税理士に意見を聴取しなければならないというものです。 […]
相続税の税務調査で主に聞かれる事項とその趣旨
相続税の税務調査で主に聞かれる事項は、相続人名義の預金の獲得方法、相続人の取引先の金融機関に関すること、被相続人の趣味や人間関係などです。相続税の税務調査は、被相続人の生前の預金銀行口座履歴と、相続税の申告書に記載された相続財産が整合してい […]
相続税の税務調査
税務調査の実施時期と方法 税務署の事務年度は毎年7月~翌年6月末日となっています。このため、税務署の人事異動等を考慮に入れると、相続税の税務調査は、秋頃に行われることが多いようです。また時期としては、申告後1年~2年後にされることがほとんど […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学