延納の許可限度額の計算

親の土地に子供が住宅を建てるほとんどのケースでは、親の土地に子供を権利者とする使用貸借権が設定されます。このように、使用貸借権が設定された土地を贈与によって取得した場合には、その贈与財産の評価はどのように行われるのでしょうか。以下では、この問題について解説します。

使用貸借に係る土地を贈与によって取得したとき

例えば、Aが自己所有地を子供であるBに無償で貸し、BがA所有の土地の上に住宅を建て、借地人であるBがその住宅を第三者に賃貸したとします。

親の所有する土地上に、その子供が住宅を建てることはよくあります。そして、そのようなケースのほとんどは、土地を貸している親は子供から地代を徴収しません。

そこで、法律的には、このような場合には、親は自己所有地に土地の使用貸借権を設定したものと解釈されます。

さて、使用貸借権によって土地を使用する権利は、相続財産評価上(贈与財産の評価は相続財産評価を用いる)はゼロとして取り扱うことになっていので、使用貸借権が設定されている土地の贈与財産の評価額は、その自用地(更地)としての評価額と同じくなります。

よって、上記の例で、Aが、子供の使用貸借権が設定されているAの土地をBに贈与した場合、この土地の相続税評価額は、自用地としての評価額ということになります。

その結果、AからBが、使用貸借に係る土地を贈与によって取得したときは、その土地が自用地であるものとして贈与財産の評価が行われ、その価額に基づいて贈与税が課税されることになります。

貸家建付地の相続税評価について

一方、Aが所有する土地にAが住宅を建て、それを第三者に賃貸した場合を想定します。このケースで、Aが、この土地をCに贈与したときは、この土地の相続財産評価は、貸家建付地としての評価になります。ただし注意点は賃借人が親の時と同じく継続していることです。つまり賃貸人が変更してしまうと使用貸借となってしまうため注意が必要です。

貸家建付地の評価は、評価対象地の自用地として評価額に、1から借地権割合と借家権割合の積を控除した数値を乗じた価額になります。

例えば、評価対象地が属する区域の借地権割合を70%、借家権割合を30%、評価対象地の自用地としての評価額を1,000万円とすると、この貸家建付地の評価額は、1,000万円×(1-0.7×0.3)=790万円となります。

よって、AからCが、貸家建付地を贈与によって取得したときは、その土地が自用地であるとして計算した評価額から一定の割合で計算した価額を控除した価額が、贈与財産の価額とされ、それに基づいて贈与税が課税されることになります。

このように、借地上の建物を他人に貸し出しているという条件は同じですが、借地上に設定されている権利が使用貸借権か通常の借地権かによって、その相続(贈与)財産評価は大きく異なることになります。

(延納の許可限度額の計算)
38-2 法施行令第12条に規定する延納の許可限度額の算出方法を算式で示せば、次のとおりである。(平4課資2-158・徴管5-6追加、平18徴管5-14改正)
A-{(B+C+D)-([E×3]+F)}
(注) 算式中の符号は次のとおりである。
Aは、法施行令第十二条第1項第1号に掲げる額
Bは、納税義務者がAに係る納期限又は納付すべき日において有する現金の額。
なお、ここにいう現金とは、強制通用力を有する日本円を単位とする通貨のほか、証券ヲ以テスル歳入納付ニ関スル法律(大正5年法律第10号)により国税の納付に充てることのできる証券を含むものとする。
Cは、納税義務者がAに係る納期限又は納付すべき日において有する預貯金の額。
なお、ここにいう預貯金とは、法第10条第1項第4号に規定する金融機関等に対する預金、貯金、積金、寄託金又は貯蓄金をいう。
Dは、納税義務者がAに係る納期限又は納付すべき日において有する換価の容易な財産の価額。
なお、ここにいう換価の容易な財産とは、次のような財産をいう。
・ 評価が容易であり、かつ、市場性のある財産で速やかに売却等の処分をすることができるもの
・ 納期限又は納付すべき日において確実に取り立てることができると認められる債権
・ 積立金・保険等の金融資産で容易に契約が解除でき、かつ、解約等による負担が少ないもの
おって、許可限度額の計算に当たっては、納期限又は納付すべき日における当該財産の時価(又は債権額)相当額により行うものとする。
Eは、生活のため通常必要とされる1月分の費用。
なお、生活のため通常必要とされる1月分の費用とは、次の の額から の額を控除した額とする。
 国税徴収法(昭和三十四年法律第一四七号)第76条第1項第1号から第4号までの規定に基づき算出される金額相当額(前年の収入金額、所得税、地方税及び社会保険料の額に1/12を乗じた額に基づき計算するものとする。なお、申請者が給与所得者でない場合は、その事業等に係る収入金額等を給与等とみなして計算するものとする。)に治療費、養育費、教育費並びに申請者及び申請者と生計を一にする配偶者その他の親族の資力・職業・社会的地位等の個別事情を勘案して社会通念上適当と認められる範囲の金額を加味した額
 申請者と生計を一にしている収入のある配偶者及び申請者(配偶者を含む。)の扶養控除の対象とならない親族に係る生活費の額並びに申請者(配偶者を含む。)の扶養控除の対象となる親族に係る生活費の額のうち配偶者が負担する額
(注)  の額に申請者及び申請者と生計を一にする配偶者その他の親族の1月分収入額の合計額に占める申請者の1月分収入額の割合を乗じた額を用いて差し支えない。
Fは、事業の継続のために当面必要な運転資金の額。
なお、事業の継続のために当面必要な運転資金の額とは、事業の内容に応じた事業資金の循環期間の中で事業経費の支払や手形等の決済のための資金繰りが最も窮屈になる日のために留保を必要とする資金の額をいい、Aに係る納期限又は納付すべき日の翌日から資金繰りの最も窮屈になると見込まれる日までの期間の総支出見込金額から総収入見込金額を差引いた額(前年同時期の事業の実績を踏まえて推計した額による。)とする。
(注) 前年の申告所得税の確定申告等に係る収支内訳書等から求めた1年間の事業に係る経費の中から、臨時的な支出項目及び減価償却費を除いた額を基礎とし、最近の事業の実績に変動がある場合には、その実績を踏まえて算出した額を加味した額に1/12(商品の回転期間が長期にわたること等の場合は事業の実態に応じた月数/12月)を乗じた額を用いて差し支えない。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

延納等に係る利子税
税制度のQ&A:延納等に係る利子税 まずは利子税について知っておく必要がありますが、利子税とは納付すべき国税に対して支払いが遅延した場合に付くものです。 比較的身近な所得税に対しても、会社の税金である法人税に対しても、その他のいか […]
相続税の連帯納付義務者の延納等
相続税では連帯納付義務が課せられますが、ある相続人が他の相続人の相続税について連帯納付義務を負った場合、延納はできるのでしょうか。 1.連帯納付義務とは 相続人または受遺者が2人以上いる場合、相続税法第34条の規定によって、同一の被相続人か […]
相続税において延納期間の短縮等
相続税の延納は期間の繰上げが可能である 故人が所有していた金銭や土地などを遺族が受け継ぐ場合、遺産の総額によっては相続税を支払わなくてはいけません。 しかし土地を受け継いだはいいものの現金化することが不可能で現金化するまでに時間が掛かってし […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学