相続税の延納期間の計算

相続税の延納期間は条件によって異なります

相続税は、現金以外の遺産しか相続していない場合でも、基本的に現金一括払いにより納付しなければなりません。
しかし、相続人自身が現金の持ち合わせがなく、不動産や骨とう品など、遺産を換価するのにも時間がかかってしまう場合には、支払いを分割にして延納することも可能になっています。
この場合、全額相続税を納付し終えるまでは担保を提供しなければなりませんし、未納付の相続税に対しては利子税が加算されます。
しかし、これは延滞金よりもかなり安くなっていますので、相続税を一括で支払える目途が立たない場合には、早めに延納の申請をしておいた方がよいでしょう。延納ができる条件は、納めるべき相続税が10万円を超え、期限までに申告書を税務署に提出していることなどの定めがありますので、ぎりぎりになっての手続きでは間に合わないことがあります。
相続税の延納期間の計算は、相続財産の中で不動産や動産類がどれくらいの割合を占めているかによって算出されます。
不動産の場合は処分が難しいので延納期間も長くなっていますし、利子税の割合も低く設定されていますので、ある程度余裕をもって遺産を換価できます。

(延納期間の計算)
38-6 法第38条第1項又は第3項の規定による延納期間は、法第33条又は通則法第35条第2項に規定する納期限の翌日から暦に従って計算するのであるから留意する。(昭46直審(資)6、平18徴管5-14改正)

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

延納等に係る利子税
税制度のQ&A:延納等に係る利子税 まずは利子税について知っておく必要がありますが、利子税とは納付すべき国税に対して支払いが遅延した場合に付くものです。 比較的身近な所得税に対しても、会社の税金である法人税に対しても、その他のいか […]
相続税の連帯納付義務者の延納等
相続税では連帯納付義務が課せられますが、ある相続人が他の相続人の相続税について連帯納付義務を負った場合、延納はできるのでしょうか。 1.連帯納付義務とは 相続人または受遺者が2人以上いる場合、相続税法第34条の規定によって、同一の被相続人か […]
相続税において延納期間の短縮等
相続税の延納は期間の繰上げが可能である 故人が所有していた金銭や土地などを遺族が受け継ぐ場合、遺産の総額によっては相続税を支払わなくてはいけません。 しかし土地を受け継いだはいいものの現金化することが不可能で現金化するまでに時間が掛かってし […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学