相続開始時から申告期限まで引き続き当該家屋に居住しているとは

相続した宅地が「特定居住用宅地等」としての要件を満たせば、相続税の節税対策になります。
これには「相続開始時から申告期限まで引き続き当該家屋に居住している」という条件が必要ですが、これは具体的にどういった状況を指すのでしょうか。

簡単に言うと、相続人にとってその宅地が生活の拠点となっていれば良いのですが、少し分かりづらいところもありますね。ここではそのあたりも含めて分かりやすく解説しています。

海外転勤や単身赴任の場合、居住していると認められるのか

 「特定居住用宅地等」は、「相続開始時から申告期限まで引き続き当該家屋に居住している」という条件を満たすことで初めて認められます。
 しかしながら、ここでいう『居住している』とはどういった状態のことを指すのか、相続においてこういった問題に直面した人でなければ分かりづらいのではないでしょうか。
 ここでは「居住している」と見なされるための、最低限必要な要因を確認してみましょう。

(1)相続人が単身赴任や海外に転勤することになった場合

例えば以下のような状況があった場合、「居住している」と見なされるかどうか考えてみましょう。
 1. 相続人が親と同居していた宅地を相続。
 2. その後、相続税を申告するより前に相続人が海外に転勤(単身赴任)となる。
 3. ただし相続人の配偶者や子供は引き続きこの宅地に住み続けている。
こういった状況は現代におい特別に珍しいことではなく、多くの人に起こりえると言えます。果たしてこの場合、「居住している」という条件は満たされたことになるのでしょうか。
 

(2)生活の拠点として利用されているとは?

 結論としては上のような場合でも「居住している」と認められます。ここではその理由をご説明しましょう。 この場合「居住」の定義となるのは、「生活の拠点として利用されていること」となります。ただ「生活の拠点」と言っても、必ずしも相続人本人だけに限定されるものではありません。
 相続人の配偶者や子どもたちが日常的にその家屋で暮らしているという状況は、当該家屋が相続人にとって「生活の拠点として利用されている」と見なされるのです。
 また、転勤などによる一時的な状況が解消されたときには、家族と共に居住することが既定路線として考えられるので、そうした家屋については相続人が「居住の用に供している」と認識されます。
 したがってこれらの理由から、この家屋のある宅地は「特定居住用宅地等である小規模宅地等」に該当することになります。

(3)特定居住用宅地等である小規模宅地等に該当しない場合

当然上記と逆の場合は、当該宅地が特定居住用宅地等である小規模宅地等に該当しなくなります。つまり、相続人の配偶者や子が、相続税の申告期限よりも前にこの宅地上の家屋に居住しなくなった場合がこれにあたります。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

貸駐車場についての小規模宅地等の特例の適用可否
小規模宅地等の特例の対象となる宅地等は、建物等の敷地となっている必要があります。また、貸付事業用宅地等の事業用には、準事業も含まれます。 質問のケースでは、砂利敷きとのことですが、砂利が構築物として認められるようなもので、管理をされていれば […]
”生計一”についての判断基準
相続人Aが被相続人と生計を一にしていたと認められれば、このマンションの敷地を相続人Aが取得し申告期限まで居住し所有していた場合には、特定居住用宅地等に該当します。 「生計を一」の判断 相続開始の直前において、被相続人と生計を一にしていた親族 […]
小規模宅地の特例を適用するための添付書類
小規模宅地の特例を適用するための添付書類についての解説 小規模宅地の特例を適用するための添付書類とは、小規模宅地の特例を受ける為に必要な書類の事です。特例を受ける為には申告書とは別に書類を提出する必要があります。 小規模宅地の特例の全てにつ […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学