配偶者の税額の軽減

相続税の軽減がなされている配偶者

相続や遺贈が行われるときに、配偶者に対しても他の相続人と同じように課税をするのは適切でないと考える事も多いようです。その理由にはいろいろありますが、まず被相続人が財産を築くときには配偶者の協力があったからだという理由があります。
直接的には目に見えない形での協力があって財産が形成されたと考えれば、それに課税をするのは少しおかしいと考えられる事も多いのです。
また、配偶者の生活を守るという理由もあります。被相続人の残した財産を元にして配偶者は生活をしていくことが多いですから、これに大きな税金をかけてしまうと配偶者の生活が守られなくなる可能性があるのです。このようなことから配偶者に対しては相続税の軽減が行われています。
配偶者が財産を相続するときには、まず控除金額が決められています。その金額は1億6千万円か、もしくは法定相続分に相当する金額科のどちらかです。これだけの財産なら非課税が認められていますから、相続税に関してはかなり優遇されていると言えるでしょう。
ただし、相続税の申告期限までに財産が分割されていない場合には適用されない点に注意しておきましょう。なぜならば、この措置は一歳に取得した財産を元に計算されることになっているため、分割によって確定していないと軽減措置を執ることができないのです。
申告期限までに分割がなされない場合には、3年を期限として延長できる制度もあります。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

障害者控除、未成年者控除、本人から控除できない分の取り扱い
障害者控除により控除額が、その障害者本人の相続税額を超える場合には、その超過額は、その障害者の扶養義務者の相続税額から控除することができます。これは、未成年者控除についても同じです。 障害者控除・未成年者控除 相続または遺贈により財産を取得 […]
相続税と債務控除
相続人と包括受遺者は、預貯金・不動産などの資産(プラスの財産)だけでなく、借入金などの債務(マイナスの財産)も引き継がなければなりません。包括受遺者とは、相続人以外の人で、遺言によって「全財産の3分の1を遺贈する」というように割合の指定を受 […]
相続税の税額控除等の順序
相続税の各種税額控除は、相続人ごとの税額を算出したあとに差し引かれます。このとき、相続人によっては複数の控除の対象となっている場合もあり、その場合の控除金額を差し引く順序はきちんと決められています。これは、控除額が課税額を上回った場合の処理 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学