相続税における外国税額控除の具体的対応方法

被相続人が海外に財産を持っていた場合には、その現地国で日本の相続税にあたる税金を支払う事になる場合があります。そうした場合、現地国で払った税金分を、日本の相続税から差し引くことが出来るという制度が外国税額控除です。この制度がないと、日本と外国の両方で税金を払い、二重課税となってしまうからです。

現地の税務は現地の専門家に!

現地国における税務申告は現地の専門家に任せましょう。知識があっても他国での税務代理を行う資格がない場合もあります。また、インターネットや本で仕入れた知識では重要な特例等を見落としてしまう可能性もあります。

国際税務の専門家でも、通常は他国の税務に関しては現地の専門家に仕事を任せます。

国際税務は、外国の税制と租税条約をチェック!

相続税に限らず海外が絡む税務の場合、注意すべき点として、まずは当該諸外国の税制を確認することです。そして、さらにその国と日本との租税条約を確認することが重要です。租税条約とは、二国間で課税権を調整するための条約であり、二重課税や脱税などを防ぐために結んでいる国家間の条約のことを言います。日本において租税条約は国内法に優先して効力を発することとされていますので、この租税条約の見落としは命取りとなります。

ちなみに、財務省発表の資料によると平成24年4月末現在で日本は64か国との租税条約を結んでいます。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

障害者控除、未成年者控除、本人から控除できない分の取り扱い
障害者控除により控除額が、その障害者本人の相続税額を超える場合には、その超過額は、その障害者の扶養義務者の相続税額から控除することができます。これは、未成年者控除についても同じです。 障害者控除・未成年者控除 相続または遺贈により財産を取得 […]
相続税と債務控除
相続人と包括受遺者は、預貯金・不動産などの資産(プラスの財産)だけでなく、借入金などの債務(マイナスの財産)も引き継がなければなりません。包括受遺者とは、相続人以外の人で、遺言によって「全財産の3分の1を遺贈する」というように割合の指定を受 […]
相続税の基礎控除
相続税の計算方法で、最も基礎的な、基礎控除についてご説明します。 相続税の基礎控除とは、課税される遺産総額が、ある一定額を超えなければ税金がかからないというものです。 相続税は、計算方法が複雑ですが、課税される財産の総額が基礎控除額を超えな […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学