相続税の計算において相続人の範囲と法定相続分

相続税の計算において相続人の範囲と法定相続分の決まり方は複雑

相続に関してはあとでトラブルにならないように相続できる人の範囲とその割合が民法によって明確に決められています。それを法定相続人および法定相続分といいます。
ドラマなど題材になることが多くあります。実際に、現実の世界でも興味本位で報じられることがあります。
まず相続人の範囲についての基本となるのは配偶者です。つまり妻ということですが、相続においては妻という立場は別格です。
相続人の強さを順番にいうなら、配偶者、子、父母、兄弟姉妹という順位がつきます。別格である配偶者という立場ですが、これは法律で認められたものでなければいけないという法律があります。内縁の関係では相続は受けられないことになっています。
同様に子も法律で認められた子でいる必要があります。例えば、愛人の子を専門用語でいいますと非摘出子といいますが、非摘出子は法律上の妻との間に生まれた子供よりも少ない相続分になっています。但し、この法律は差別になるということで裁判が起こされています。
子には正式に生まれた子と養子で生まれた子がいます。養子にも特別養子と普通養子がいますが、特別養子は本来の子と同じ扱いになっています。問題は普通養子の場合です。
なぜ、普通養子が問題になるかといいますと、相続税の基礎控除と関連があるからです。具体的には、基礎控除は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)として計算されますので、よからぬ人は法定相続人を増やすことで相続額を低くすることを考えます。
そうしたアンフェアなことをさせないために普通養子に制限をくわえています。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

相続税を計算する上での課税価格の端数計算
相続税の計算で端数が出たときは、相続税基本通達の規定が定められています。 相続税の計算で千円未満は端数として切り捨て、この決まりを参考にして相続税を計算し最後に税額を出します。 相続税額は按分割合の端数処理によって異なる 相続税は、まず課税 […]
相続税の総額を計算する場合の取得金額等の端数処理
相続、遺贈または相続時精算課税を受ける贈与で、財産を取得した人それぞれの課税価格を計算します。 相続又は遺贈により取得した財産の価額+みなし相続等により取得した財産の価額-非課税財産の価額+相続時精算課税課税に係る贈与財産の贈与時の価額-債 […]
代償分割が行われた場合の課税価格の計算
不動産の遺産分割の方法として有効な方法の1つとして、代償分割があります。では、この代償分割があった場合に、代償財産を交付した相続人と代償財産の交付を受けた相続人の相続税の課税価額の計算はどのようになるのでしょうか。以下では、この問題について […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学