贈与税とは

贈与税は相続税と密接に関係しています

 相続税とは財産を持っている方が死亡したことにより、財産を譲り受けた者に対してかけられる国税のことです。一方、贈与税とは、現金や不動産など財産をもらった時にかかる税金です。
また「贈与税は相続税の補完税」と言われており、相続税との関係が深い税金です。これは、相続税がかかる人が死ぬ前に財産を全て贈与してしまうと、相続税の課税対象となる資産がなくなり、結果として相続税逃れになってしまうためです。
相続税の基礎控除(5,000万円+法定相続人の人数×1,000万円)以下の財産しかない方でも、贈与税は110万円を超える部分に対してかかってくるのです。そしてこの贈与税の税率は、相続税に比べて高くなっています。1,000万円を超える贈与については、50%という高い税率で贈与税が課税されてしまいます。
しかし、生前贈与は、相続税の節税対策の主たる対策方法です。そして贈与税は、様々な施策を融合することで、多額の相続税を節税することが可能となりますので、最終的には相続税対策になります。また生前贈与を行う方の中には、うちは相続税は関係ないけれど、生前からできる限り次の世代に財産を移しておきたいといった要望もあるでしょう。
このように相続税は贈与税の補完税とも言われていますが、それでも早い時期から生前贈与を行うことで節税することが可能です。生前のできる限り若い時から、コツコツと対策を行うことで、相続税を大きく節税できます。また生前から資産を贈与する際には、贈与税という大きな落とし穴に十分に注意を払いながら、準備・対策を進めていくことが大切です。
 

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

生前贈与は相続税の税務調査で一番の標的!!
年間110万円を超える贈与があった場合には、財産を受け取った人は高い税率の贈与税を、支払う必要があります。贈与税の申告と納税は、原則、財産をもらった人が、もらった年の翌年の2月1日から3月15日までに確定申告をすることになっています。 そし […]
配偶者控除(おしどり贈与)適用上の注意点
贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が20年以上であることが要件のため、おしどり贈与と呼ばれています。この特例適用の注意点は解説で紹介します。 贈与税の配偶者控除 贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が20年以上の配偶者から一定の要件を充足する居住用不 […]
相続開始の年の特定贈与財産に対する贈与税の課税
贈与税の控除の中に、配偶者控除というものがあります。これは、婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産もしくは居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合に、基礎控除110万のほかに最高2,000万円まで控除できるという特例の控 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • 事前登録割引制度
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学

税金に関するコラム