日本国籍を有しない者が受ける贈与税の配偶者控除に係る贈与税の申告書の添付書類

日本国籍を持っていない夫婦が婚姻関係を証明するため

日本国籍ではない夫婦がいて、そしてこの夫婦の間で居住用財産の贈与が行われることになった場合、この場合には配偶者控除の適用を受けることができます。
配偶者控除を受けるときには申告をしなければなりませんし、このときには婚姻期間を証明するための書類を提出する事が必要となります。
国内に住む夫婦の場合には、戸籍謄本や戸籍抄本をとれば、それによって婚姻期間を知ることができるでしょう。ですから、戸籍謄本や戸籍抄本を添付することが基本とされています。
しかしながら、日本国籍を持っていない人の場合には、謄本や抄本をとることができませんから添付することができません。それに変わる書類についてはどのようなものを利用する事ができるのか問題となってきます。
また、片方が日本の国籍を持っていれば日本の方式によって婚姻関係を示すことができます。
もしも日本で結婚をしたのなら日本で婚姻届を出しているはずですから、そのときの受理証明書や婚姻届所に基づく記載事項証明書を代わりに用いる事ができます。
両方が日本国籍でない場合であっても、日本で婚姻が行われたのであれば、婚姻届を提出している場合があります。この場合には記載事項証明書などがあれば代わりに用いる事ができます。
どちらでもない場合には、籍のある国で婚姻期間を証明できる書類があれば代わりに用いる事ができます。
また、外国人登録済証明書などで婚姻期間を確認する事ができれば、これも代わりに用いる事ができます。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

国外財産の贈与を受けた場合の相続時精算課税の適用
贈与する側の贈与者と贈与される側の受贈者に制限がありますが、贈与を受けた場合には、通常の暦年課税ではなく、相続時精算課税を選択することができます。 税制上有利であることが多いこの相続時精算課税は、国外の財産ではどの程度適用できるのでしょうか […]
受贈者が外国に居住しているとき
外国に居住しているときに課税されるかどうか 贈与を受けたときには贈与税を支払うことが必要となりますが、贈与を受ける人が外国に居住しているときには、課税対象となるのかどうかが色々な条件によって変わってきます。 日本に住民票を置いている人とは異 […]
日本国籍を有しない者が受ける贈与税の配偶者控除に係る贈与税の申告書の添付書類
日本国籍を持っていない夫婦が婚姻関係を証明するため 日本国籍ではない夫婦がいて、そしてこの夫婦の間で居住用財産の贈与が行われることになった場合、この場合には配偶者控除の適用を受けることができます。 配偶者控除を受けるときには申告をしなければ […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学