預金の網羅性の確認方法

残念ながら全国の金融機関を網羅的に調べる手続きはございません。預貯金については、被相続人が利用していそうな金融機関について、通帳や郵便物等からある程度、的を絞るとよいでしょう。

通帳のある金融機関へ確認

まずは、被相続人名義の通帳がある金融機関の支店から残高証明書を発行します。その金融機関の支店にある預金口座であれば網羅的に把握することができます。ただし、同じ金融機関であっても支店ごとにしか口座を確認することができませんので注意が必要です。なお、ゆうちょ銀行に関しては一つの郵便局で全国の口座を網羅的に把握できます。

手元にある通帳で他の金融機関がないか確認

手元にある通帳の取引履歴から、他の金融機関の口座から入金や他の金融機関の口座への出金があった場合には、その金融機関に口座を持っている可能性がありますので確認してみましょう。

郵便物で確認

被相続人宛に来た郵便物で金融機関からの通知等がありましたら、その金融機関に口座を開設している可能性がありますので確認してみましょう。

自宅の近所、勤務先の最寄りの金融機関を確認

自宅の近所の金融機関や被相続人が勤めていた会社の近くの金融機関にも口座を持っている可能性がありますので念のため確認してみましょう。

その他

被相続人が引越しをされている場合には前住居の近所の金融機関にも口座を開設している可能性がありますので確認してみても良いでしょう。また、名義預金についても把握漏れが多々ありますので被相続人名義の口座がある金融機関に念のため照会してみましょう。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

現金・預金の相続税評価方法
相続開始日現在の残高が相続税評価額となります。 ※なお、相続人が被相続人の亡くなる前3年内に贈与を受けていたものについては、相続税の課税対象になりますので注意が必要です。 普通預金の相続税評価 原則として、相続開始日現在の預金残高が相続税評 […]
預貯金の評価
預貯金は基本的には、相続開始日現在の残高がそのまま相続税評価額となりますが、たとえば相続開始直前に引き出して、相続開始日現在は現金として残っているような場合にはその引き出した金額も加えて相続税申告を行うことになりますので注意が必要です。 現 […]
預貯金の相続税評価
預貯金について 定期預金または定額預金等の価額というのは、相続開始日において、預入残高と同じ時期に解約を行った際に受取が出来る利息(既経過利子)から、さらに源泉徴収をして、所得税額を除いた金額で、合計の額を出し評価をしていきます。 ここで注 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学