固定資産税評価が付されていない家屋の相続税評価

固定資産税評価が付されていない家屋を相続する場合

故人が所有していた現金や有価証券、土地や生命保険金などを遺族が受け取った場合、その合計金額によっては相続税を支払わなければいけません。
相続税は基本的に自己申告制の税金であるために、故人がどの程度の現金を所有していたのかや個人から受け継いだ土地家屋の評価額はどの程度なのかなどは自身で調べなければいけません。
しかし倍率方式により評価する土地など固定資産税評価がその時点で付けられない家屋を相続する場合、評価額が確定しないがために相続税の税務申告書が製作できないといった問題が発生しています。
そのような場合は土地の現況に応じて状況が類似する付近の土地の固定資産税評価額を基とし、付近の土地などの位置関係や形状等の条件を考慮した上で、遺産として受け継ぐ土地の固定資産税評価額に相当する額を算出するといった形が取られます。
ですが相続税等の申告書の提出期限までに申請予定の土地に対し新たに固定資産税評価額が付いた場合に関しては、新しく付けられた価額をそのまま相続税の税務申告書に記載して提出するといった形になります。
相続税の納税には期限が設けられており、納税期限が切れてしまった場合には追徴課税が取られてしまいます。
しかし固定資産税評価額が定まるまで待ってから税務申告書を提出するだけの時間は十分に設けられているとも言えるため、少々時間が掛かっても確実な固定資産税評価額を算出することが無難であると言えるでしょう。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

附属設備等の相続税評価
経理上では、家屋に附属して家屋に一体となって機能している工作物、建造物のことで、その附属設備等の存在により家屋の効用や価値を高める設備のことを指します。 税法上で家屋と附属設備等が分けられて評価されるのは、附属設備等設備には「減価償却費」の […]
構築物の相続税評価の方式
税制上で構築物とは、「地方税法第341条:固定資産税に関する用語の意義・第3号」において定義された「家屋」以外の建造物のことを指します。構築物を評価する際には、まずその構築物の固定資産を決定する必要があります。構築物においては減価償却が認め […]
貸家の相続税評価
貸家とは、財産評価総則基本通達上では「財産評価総則基本通達第2章26:貸家建付地の評価」に記載してあるとおり「借家権の目的となっている家屋」のことを指し、具体的には「その建物を自身が保有していて、その上で他人に対価を受け取って貸し出す権利を […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学