2以上の証券取引所に上場されている株式の相続税評価

複数の証券取引所に上場されている株式の評価

証券取引所に上場している株式を被相続人が保有していた場合の評価は、証券取引所で公開されている価格が用いられる事になります。
いつの時期の株価が使われるのかが問題となるわけですが、これは相続によって株式を取得した日の最終価格か、あるいは相続した日を含む付以前の3ヶ月間の最終価格の月ごとの平均の中でもっとも安いものを採用することになります。相続日に急激に相場が上昇したとしても、3ヶ月あれば税制上不利になることはないでしょう。最終価格というのはいわゆる終値です。相続評価では、株価は終値を用いると覚えておきましょう。
銘柄によっては複数の証券取引所に上場している場合もあります。大阪証券取引所と東京証券取引所が統合したことから、複数の証券取引所に上場する銘柄は減りましたが、それでも名古屋証券取引所と東京証券取引所の両方に重複上場している銘柄もあります。この場合には、どちらの証券取引所の価格を参考にすれば良いのでしょうか。
原則としては、その株式を発行している会社の本店所在地からもっとも近い証券取引所だと考えておきましょう。ただ、納税する人の最寄りの証券取引所を選んでも良いことになっています。ですから、有利な方を選ぶのが良いでしょう。
実際のところ、複数の証券取引所に上場をしていたとしても、同じくらいの取り引きがなされると言うことは少ないようです。たいていは圧倒的に一つの証券取引所での取り引きが多く、本社所在地に近い方で多くの取り引きが行われることが多いです。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

課税時期に最終価格がない場合の上場株式の評価
相続財産に上場株式が含まれている場合、その評価は次のいずれかの価額のうち、最も低いもので行います。 ● 課税時期(=被相続人が亡くなった日または贈与を受けた日)の最終価格(=終値) ● 課税時期の属する月の毎日の最終価格の平均額 ● 課税時 […]
企業組合等の出資の相続税評価
相続財産に、企業組合、漁業生産組合等の組合(以下、企業組合等といいます)への出資がある場合の、相続税法上の評価方法についてご紹介します。 1.企業組合等の出資の評価 企業組合等の出資の価額は、課税時期、つまり被相続人が亡くなった時点における […]
株式、投資信託評価は証券会社の協力で
金融資産が相続財産の中にある場合には、まず証券会社等に残高証明書の発行を依頼します。その際、必ず「相続開始日現在」の残高証明書を発行してもらいます。 証券会社等の残高証明書には株式数のみならず、依頼することで相続税評価に必要な情報(時価、利 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学