個人向け国債の相続税評価

個人向け国債は満期まで保有しなくても売却することが可能

資産を保有する一つの形態として個人向け国債があります。
個人向け国債は、個人が購入することのできるもっともリスクの低い債券として多くの人が購入しています。国が発行していますからデフォルトリスクは最も低いと考えられるのです。年齢を問わず多くの人が資産形成の手段として国債を保有していますから、相続時に問題になる事もあります。
個人向け国債の相続時の評価はどのように行えば良いのでしょうか。これは他の証券と同じように時価で評価をするのが一般的です。
個人向け国債を保有していた人がなくなった場合には、その評価が問題となりますが、個人向け国債の場合には満期まで保有する必要はなく、途中で売却をすることができます。
この売却をするときの金額で評価をするのが妥当でしょう。売却できる価格がそのときの時価と判断されますから、これがもっとも良いと考えられます。
個人向け国債は発行後1年経てば売却することができます。これは法律によって定められていますし、価格は購入した金融機関に問い合わせればすぐに分かります。
1年以内に相続が開始されたときにはどうなるのかというと、このような場合には1年経っていなくても売却をすることができるようになっています。このときの売却価格についても金融機関に問い合わせれば分かるでしょう。
ですから、個人向け国債を保有している人が被相続人になったときには、その評価はそれほど難しいものではありません。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

課税時期に最終価格がない場合の上場株式の評価
相続財産に上場株式が含まれている場合、その評価は次のいずれかの価額のうち、最も低いもので行います。 ● 課税時期(=被相続人が亡くなった日または贈与を受けた日)の最終価格(=終値) ● 課税時期の属する月の毎日の最終価格の平均額 ● 課税時 […]
企業組合等の出資の相続税評価
相続財産に、企業組合、漁業生産組合等の組合(以下、企業組合等といいます)への出資がある場合の、相続税法上の評価方法についてご紹介します。 1.企業組合等の出資の評価 企業組合等の出資の価額は、課税時期、つまり被相続人が亡くなった時点における […]
株式、投資信託評価は証券会社の協力で
金融資産が相続財産の中にある場合には、まず証券会社等に残高証明書の発行を依頼します。その際、必ず「相続開始日現在」の残高証明書を発行してもらいます。 証券会社等の残高証明書には株式数のみならず、依頼することで相続税評価に必要な情報(時価、利 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学