登記簿地積と実測値が異なる場合の土地の相続税評価

登記簿地積と実測値とが異なっている場合

相続税を計算するときには面積を計算することが必要となりますが、この面積は登記簿に記載されたものと実際の面積とが異なる場合があります。
長い間実測されていなかった場合には、違いが生じることがあります。
現在では測量技術が進歩していますから、かなり正確に測量できるようになってきています。
しかしながら、古くに測量された土地の場合には実際の面積と大きく異なる場合もあるのです。特に、山林の場合には境界線が曖昧である事も多く、そのために登記簿に記載されている面積が異なることも珍しくはありません。実測してみると大きく異なることがあるのですが、このときにはどちらの面積を採用するのかというと、実測された面積を採用することになります。
実際に測量した土地と登記簿の掲載されている土地の面積が異なる場合には、実測値によって登記簿に反映することが適してます。
これが地積更正登記と呼ばれるものです。
マンションを建築するときや建売住宅を建築する場合に、地積更正登記を行うこともあります。相続税を計算するときに土地を実測することが多いのですが、このときにも実際の面積と登記簿に記載されている面積が大きく異なれば実測値によって登記をし直すこともあります。このような手続きは法務局で行う事になります。
実際の面積が分かっていない場合には測量をし直さなければならない場合もありますが、これは個別の事情によって異なっていて、登記簿地積を採用することもあります。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

旗竿地評価は奥行価格補正率の調整が重要
旗竿地である不整形地の評価については、通常の不整形地の評価方法(評価対象地を囲む想定整形地から奥行価格補正率を適用し、不整形地補正率を乗じる方法)でなく、評価対象地と前面宅地のかげ地部分を基に算出した価額に不整形地補正率を乗じる方法で評価す […]
間口距離の求め方
間口距離は、原則として「宅地が道路に接している長さ(幅)」のことを指します。 元々は旧来の日本の距離単位で、畳の縦方向の長さを現す「間(けん)」という単位が付けられたことの名残で、間は田畑などの土地を測量や家を建てる際の家や宅地の長さの単位 […]
路線価方式と倍率方式
路線価方式による土地の相続税評価方法 路線価方式は、路線価が定められている地域の土地の相続税評価方法です。路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額のことです。路線価方式で土地の相続税評価を求める際には、その土 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学