複数棟の貸家がある場合の敷地面積の算定方法

居住用又は事業用宅地の相続に関して、節税方法として有効なものの1つに小規模宅地等の特例があります。そして、複数棟の貸家を有していた被相続人の相続について、この特例を適用する場合には、その敷地面積の計算に一定のルールが設定されています。以下では、それについて解説します。

小規模宅地等の特例とは

本題に入る前に、まず、小規模宅地等の特例について解説します。

相続財産に、一定の要件を満たす居住用又は事業用の宅地が含まれる場合には、小規模宅地等の特例が利用できます。この特例は、要件に該当する宅地の相続財産評価において、その評価額を一定の基準で減じることができるというものです。

さて、小規模宅地等の特例が利用できる場合に、どのくらいの割合で評価額を減じることができるかというと、それは、平成27年1月1日以後の相続については、次の割合となります。

①特定居住用宅地等                   限度面積330㎡まで80%減
②特定事業用宅地等                   限度面積400㎡まで80%減
③特定同族会社事業用の宅地等              限度面積400㎡まで80%減
④貸付事業用宅地等                   限度面積200㎡まで50%減

ここで、①特定居住用宅地等とは、相続開始直前までに、被相続人が居住の用に供していた宅地等で、相続人がその宅地に継続して居住する等の一定の要件を満たした場合の当該宅地のことをいいます。

②特定事業用宅地等とは、相続開始直前まで、被相続人が貸付事業以外の事業の用に供していた宅地等のことをいいます。なお、貸付事業とは、「不動産貸付業」「駐車場業」「自転車駐車場業」等のことをいいます。

③特定同族会社事業用の宅地等とは、相続開始直前まで、貸付事業用の宅地等のうち、被相続人が、被相続人及びその親族等が持株の50%超を保有する株式会社等(特定同族会社)に対し、その事業用地として貸し付けていた宅地等が該当します。

④貸付事業用宅地等とは、相続開始直前まで、被相続人が自ら営む貸付事業の用に供していた宅地等が該当します。

なお、上記②及び③のことを、特定事業用宅地等といいます。

複数棟の貸家がある場合の敷地面積の算定方法について

被相続人が複数の貸家を有していた場合で、その相続人が被相続人の貸付事業を承継する等の一定の要件を満たすと、その敷地について④貸付事業用宅地等にかかる小規模宅地等の特例が適用できます。

この場合、この特例が適用されるのが、④貸付事業用宅地等に該当する宅地のみであれば、
その敷地面積の算定方法が問題となることはありません。単純に、複数ある貸家の敷地面積を合計し、その合計面積のうち200㎡までの面積についてその相続税評価額を50%減とし、それを超える面積については、通常の方法で評価します。

しかし、①②③に該当する宅地等も同時に小規模宅地等の特例を利用する場合には、その敷地面積の算定方法が問題となります。そして、その場合には、その敷地面積の計算方法は、次のとおりとなります。

①の適用面積の合計×200/330+②及び③の適用面積の合計×200/400+④の適用面積の合計≦200㎡

例えば、4棟の貸家のうち、2棟は被相続人が自ら貸付け、1棟は、被相続人のオーナー会社の事業用地として貸し付け、残り1棟を被相続人が自ら居住用として利用していた場合で、被相続人と同居していた相続人の1人が被相続人の所有宅地を事業と共に承継すると、①③④に該当する宅地等にかかる小規模宅地等の特例が利用できます。

複数棟の貸家がある場合の敷地面積の算定方法の具体例について

例えば、被相続人が居住用の用に供していた宅地等の面積を100㎡、被相続人が被相続人のオーナー会社の事業用地として貸し付けていた宅地の面積が200㎡、被相続人が自ら貸付事業に供していた宅地の面積を200㎡とします。

ここで、被相続人が亡くなり、被相続人と同居していた相続人の1人が被相続人の所有地を事業とともに承継し、同じ場所で居住を続けるとします。このケースで小規模宅地等の特例を適用すると仮定します。

なお、①③④に該当する宅地のうち、本特例を優先適用する宅地をどれにするかによって、
計算結果が変わってきますが、優先順位を①→③→④とします。

まず、①に該当する宅地の適用面積は100㎡×200/330=61㎡(小数点以下四捨五入)となります。③に該当する宅地の適用面積は200㎡×200/400=100㎡となります。最後の④④に該当する宅地の適用面積は200㎡-61㎡-100㎡=39㎡となります。

この例で、④に該当する宅地に適用される本特例の減額率は50%、それ以外の宅地に適用される本特例の減額率は80%ですので、できるだけ④に該当する宅地の適用面積を少なくした方が、相続税の節税になります。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

旗竿地評価は奥行価格補正率の調整が重要
旗竿地である不整形地の評価については、通常の不整形地の評価方法(評価対象地を囲む想定整形地から奥行価格補正率を適用し、不整形地補正率を乗じる方法)でなく、評価対象地と前面宅地のかげ地部分を基に算出した価額に不整形地補正率を乗じる方法で評価す […]
間口距離の求め方
間口距離は、原則として「宅地が道路に接している長さ(幅)」のことを指します。 元々は旧来の日本の距離単位で、畳の縦方向の長さを現す「間(けん)」という単位が付けられたことの名残で、間は田畑などの土地を測量や家を建てる際の家や宅地の長さの単位 […]
路線価方式と倍率方式
路線価方式による土地の相続税評価方法 路線価方式は、路線価が定められている地域の土地の相続税評価方法です。路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額のことです。路線価方式で土地の相続税評価を求める際には、その土 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学