庭内神しの敷地等の相続税評価

自宅の敷地内に神社や祠(ほこら)がある場合、相続税法ではこれらのものも財産評価の対象となります。このような庭内神しについては、墓所、霊びょうと同じく非課税財産とされています。その敷地については非課税財産ではありませんでしたが、平成24年7月に取扱いが変更され、一定の条件のもと非課税財産となりました。取り扱いが変更された経緯を含めて、庭内神しの敷地の評価について説明します。

1.庭内神しの定義

庭内神しとは、屋敷内にある神社や祠などのように、ご神体をまつり日常礼拝の対象となっているものをいいます。ご神体とは、特定の者または地域住民などの信仰の対象とされているものをいい、具体的には、不動尊、地蔵尊、道祖神、庚申塔、稲荷などがあげられます。

相続税法第12条第1項第2号では、「墓所、霊びょう及び祭具並びにこれらに準ずるもの」は非課税財産とされており、さらに相続税基本通達12-2では、「「これらに準ずるもの」とは、庭内神し、神たな、神体、神具、仏壇、位はい、仏像、仏具、古墳等で日常礼拝の用に供しているものをいう」と定められています。よって、庭内神しは非課税財産となります。ただし、これらのものでも、商品、骨とう品または投資の対象とするものは非課税財産とはなりません。

2.庭内神しの敷地の取り扱い

庭内神しは土地に定着しているものですが、敷地については庭内神しとは別のものであるという考えのもと、非課税財産とはなっていませんでした。

これは、相続税基本通達12-1において、「「墓所、霊びょう」には、墓地、墓石及びおたまやのようなもののほか、これらのものの尊厳の維持に要する土地その他の物件をも含む」とされているのに対し、先述の相続税基本通達12-2において、「これらに準ずるもの」として、庭内神しの土地は含まれていないことによるものと考えられます。

しかし、庭内神しの敷地への課税を不服とする訴訟が起こり、平成24年6月21日の東京地方裁判所における判決で、庭内神しの敷地を非課税財産とする判断が示されました。これを受けて、相続税法上の庭内神しの敷地の取り扱いが変更され、次の条件のもとで非課税財産とすることとなりました。

(1) 庭内神しの設備とその敷地、附属設備との位置関係やその設備の敷地への定着性その他それらの現況等といった外形
(2) その設備及びその附属設備等の建立の経緯・目的
(3) 現在の礼拝の態様等も踏まえた上でのその設備及び附属設備等の機能の面

以上の点から、その設備と社会通念上一体の物として日常礼拝の対象とされているといってよい程度に密接不可分の関係にある相当範囲の敷地や附属設備である場合。

上記の取り扱いの変更には、敷地だけでなく附属設備も含まれています。この場合の附属設備とは、神社における鳥居や、地面に敷き詰める砂利などがあげられます。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

旗竿地評価は奥行価格補正率の調整が重要
旗竿地である不整形地の評価については、通常の不整形地の評価方法(評価対象地を囲む想定整形地から奥行価格補正率を適用し、不整形地補正率を乗じる方法)でなく、評価対象地と前面宅地のかげ地部分を基に算出した価額に不整形地補正率を乗じる方法で評価す […]
間口距離の求め方
間口距離は、原則として「宅地が道路に接している長さ(幅)」のことを指します。 元々は旧来の日本の距離単位で、畳の縦方向の長さを現す「間(けん)」という単位が付けられたことの名残で、間は田畑などの土地を測量や家を建てる際の家や宅地の長さの単位 […]
路線価方式と倍率方式
路線価方式による土地の相続税評価方法 路線価方式は、路線価が定められている地域の土地の相続税評価方法です。路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額のことです。路線価方式で土地の相続税評価を求める際には、その土 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学