賃貸アパート建築で相続税評価額を引き下げる

2015年の相続税の改定によって、相続税が課税される人が増えるといわれています。それを受けて、賃貸アパート建築の提案をする事例が多くなっています。節税対策をうたっている提案ですが、賃貸アパートの建築には多額の資金が必要になります。本当に節税対策になるのでしょうか。デメリットはないのでしょうか。

1.賃貸することで評価額が引き下げられる

建物を賃貸することで、土地と建物の評価額を引き下げることができます。

土地の上に賃貸アパートを建築すると、その土地には借地権と借家権が発生します。借地権と借家権によって、土地利用が制約されるため、評価するときは「貸家建付地」として、借地権と借家権に相当する割合を差し引きます。場所によって値は上下するものの、おおむね2割程度評価が引き下げられます。

建物は固定資産税評価額で評価しますが、固定資産税評価額は建築費の5割から7割程度とされています。さらに、貸家については借家権相当額(3割)を差し引くので、合わせると評価額はおよそ半額かそれ以下になります。

さらに、小規模宅地等の特例を適用することで、面積が200㎡までの部分については評価額を5割減額できます。ただし、賃貸事業を継続するなど一定の条件があります。また、自宅がある場合は、自宅に小規模宅地等の特例を適用するほうが有利になる可能性があります。

2. 借入金は相続財産から控除できる

手元に資金が十分にあれば、その資金を活用してアパートを建築することができますが、土地だけを保有していて、手元に資金がない場合は、借入金で建築することになります。借入金は負債として相続財産から差し引くことができます。

3.デメリットにも留意を

手元の土地と資金を有効に活用して、さらに相続税の節税にもなる賃貸アパート建築ですが、デメリットもあります。

賃貸アパートは建てたら建てっぱなしにするわけにはいかず、メンテナンスが必要になります。自分でメンテナンスするにはノウハウが必要で、管理業者に委託すれば費用がかかります。また、賃貸アパートが常に満室になるとは限りません。立地条件が悪いなどの要因で空室が多い場合は、家賃収入が得られません。資金が回収できないだけでなく、借入金がある場合は返済もままならない状態に陥ります。

資金不足になって賃貸アパートを売却しなければならなくなっても、土地にアパートが建っている場合は、売却しづらい場合があります。立地条件が悪く、空室が多い場合はなおさらです。売却できても、想定よりも低い価格になることも考えられます。

相続対策で賃貸アパートを建てた場合、財産の評価額が下がって相続税の節税にはなりますが、後々デメリットを被るのは賃貸アパートを相続した人です。子や孫のために良かれと思った対策が裏目に出ることもあるので、個別のケースに照らした見極めが必要です。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

路線価方式と倍率方式
路線価方式による土地の相続税評価方法 路線価方式は、路線価が定められている地域の土地の相続税評価方法です。路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額のことです。路線価方式で土地の相続税評価を求める際には、その土 […]
旗竿地評価は奥行価格補正率の調整が重要
旗竿地である不整形地の評価については、通常の不整形地の評価方法(評価対象地を囲む想定整形地から奥行価格補正率を適用し、不整形地補正率を乗じる方法)でなく、評価対象地と前面宅地のかげ地部分を基に算出した価額に不整形地補正率を乗じる方法で評価す […]
間口距離の求め方
間口距離は、原則として「宅地が道路に接している長さ(幅)」のことを指します。 元々は旧来の日本の距離単位で、畳の縦方向の長さを現す「間(けん)」という単位が付けられたことの名残で、間は田畑などの土地を測量や家を建てる際の家や宅地の長さの単位 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • 事前登録割引制度
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学

税金に関するコラム