使用貸借に係る土地を贈与により取得したとき

親が所有している土地に家を建てた場合の贈与税・相続税の考え方

使用貸借という言葉は専門用語ですが、これをわかりやすく説明しますと、「地代も権利金も支払うことなく土地を借りること」です。そして、ほとんどの場合こういったケースは親子間や兄弟など親族関係です。
しかし、公平な視点で考えるとき、「親子であっても親から土地を借りるのですから贈与を受けた」とみなすのが自然です。具体的には、親と同じ敷地内子供が家を建てることはよくあるケースです。
このような考えが普通ですので、使用貸借による土地の使用する権利の価額はゼロとして取り扱うように法律でも定めています。そして、このことがなにを意味するかといいますと、贈与税がゼロになることです。
専門的な言い方をしますと、「地主から借受者に借地権の贈与はなかった」と判断されますので贈与税はかからないことになります。
なお、その際の評価額は、土地の使用貸借に係る使用権の価額はゼロですので、その土地の上に建物があり、どんな利用状況であっても、更地としての評価になります。
最後に整理をしますと、親の敷地内に家を建てて住んでいる場合は贈与税はかかりませんが、更地としての相続税はかかることになります。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

通常の地代の年額の計算方法
通常の地代の年額の計算方法とは 個人や法人が土地を貸す時に、土地に借地権の設定が行われます。通常は土地の賃貸借の期間が始まった時には、土地を借りている人が借地権設定の手続きの一端として、権利金の支払いをする事が通常となっています。 そして借 […]
相当の地代の年額の計算方法
通常の地代よりも高額な相当の地代 個人や法人間で土地の賃貸借取引を行う時は定期借地権を除いてその土地に普通借地権を設定します。通常であれば賃貸借契約を結ぶ際に、借地人から地主に借地権設定の対価として権利金が支払われます。 権利金の額は更地価 […]
貸家建付借地権等の財産評価
貸家建付借地権は借地を借主Aが地主Bから借りて、その借地に借主Aが建物をたて、さらにその建物をAが他の人Cに貸し付けている場合に発生する借地権です。 このとき使用収益権は借地権者が持ち、所有権は土地の所有者が持つことになります。 他人に貸し […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学