たな卸資産である不動産の相続税評価

たな卸資産である不動産の相続税評価は普通の宅地の評価とは異なる

相続があった場合には相続する財産を評価することからはじめます。その財産には不動産があることもありますが、普通の居住用の土地や建物と不動産業を営んでいた場合の土地や建物では評価方法が異なっています。
普通の住宅の場合は固定資産として評価しますが、不動産業を営んでいた場合の不動産はたな卸資産として評価します。ですから、普通の住宅の評価法である路線価方式や倍率方式で評価するのではなく特別な評価方法によります。
具体的には、営業活動に使う不動産ですので販売価額には次のものが含まれています。それは、企業として得るであろう適正利潤です。企業が継続するためには利潤が必要ですので仕入れ価額に適正利潤を上乗せするのは当然のことです。
次に、課税時期後から販売時までに負担することが予想される経費の額があります。企業は利潤を上乗せするだけではトータルでは赤字になってしまいます。経費の分も仕入れ価額に上乗せする必要があります。因みに、これを予定経費といいます。そして最後は販売したときに納めるべき消費税額です。この消費税額には地方消費税額も含みます。
このように、企業が販売時に示している販売価額にはこれらのものが含まれています。ですから、たな卸し資産として評価する際はこれらを差し引く必要があります。
棚卸し資産として評価するのは不動産業者の不動産に限ったことではなく、業務を営む際に保有している資産はすべてたな卸資産として評価するのが相続税では一般的です。

(たな卸資産である不動産)
38-4 法第38条に規定する「不動産」には、たな卸資産である不動産を含むのであるから留意する。(昭57直資2-177追加、平4課資2-158・徴管5-6、平18徴管5-14改正)

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

一般動産の相続税評価単位
財産評価基本通達では、さまざまな財産の評価方法を定めています。相続財産として代表的なものは、不動産や金融資産ですが、それ以外にも課税対象となる資産があります。ここでは、一般動産の評価単位と評価方法について説明します。 1.一般動産とは 動産 […]
家庭用財産の評価
自動車の相続税評価  相続開始日時点の時価で評価します。 実務的には、以下のような方法が考えられます。 1.中古車買取り業者の査定価格を参考にする 2.車種、年式、走行距離などを勘案し、売出中の中古車価格を参考にする 3.実際の売却価格を参 […]
一般動産の相続税評価についての償却費の額の計算
財産評価基本通達129の一般動産において、但し書きに書かれている償却費の額の計算方法がこの通達130には書かれています。 償却費とは 償却費とはビルなど、長い年数にわたって使うものは一括で支払うより、支払い年数におうじて、一年ごとに費用を支 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学