牛馬等の相続税評価

「牛馬等」とは牛や馬、犬、鳥、魚などの動物類で、それらの動物を販売目的で所有しているか、それとも販売目的以外で所有しているかによって財産評価をする方法は変わって来ます。

販売目的の場合

ペットショップなどの動物をメインで扱う販売店や、畜産業などを営んでいてそれらを生肉業者に販売する畜産業者、魚などの海産品を取り扱う鮮魚店などがそれらの動物を販売する目的でこれらの牛馬等の動物を所有している場合は前項に記載されている財産評価基本通達133「たな卸商品等の評価」の(1)が適用されます。(1)には販売する商品についての評価方法が書かれていて、評価の方法は商品の販売価額から利潤、経費、消費税を控除したものが最終的な牛馬等の評価額になります。

販売目的以外の場合

それに対してペットなどの愛玩動物や、動物に馬車などを引かせるなどの労働目的、授乳目的や品種改良などの種付け目的など、牛馬等の動物を販売する目的以外の目的でこれらの動物を所有している場合は実際の取引額である売買実例価額を参考に、また専門家の意見である精通者意見価額を参考に牛馬等の動物の財産評価が求められます。
もともと牛馬等の動物の価額は動物の種類や年齢などの違いに応じて国税局長によって定められた標準価額批准方式によって評価されるものとなっていました。しかし法改正によってその評価方式は廃止されることになり、動物それぞれごとに財産を評価することに変わりました。

【財産評価基本通達134】(牛馬等の評価)
牛、馬、犬、鳥、魚等(以下「牛馬等」という。)の評価は、次に掲げる区分に従い、それぞれ次に掲げるところによる。(昭41直資3-19・平20課評2-5外改正)
(1) 牛馬等の販売業者が販売の目的をもって有するものの価額は、前項の定めによって評価する。
(2) (1)に掲げるもの以外のものの価額は、売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価する。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

一般動産の相続税評価単位
財産評価基本通達では、さまざまな財産の評価方法を定めています。相続財産として代表的なものは、不動産や金融資産ですが、それ以外にも課税対象となる資産があります。ここでは、一般動産の評価単位と評価方法について説明します。 1.一般動産とは 動産 […]
家庭用財産の評価
自動車の相続税評価  相続開始日時点の時価で評価します。 実務的には、以下のような方法が考えられます。 1.中古車買取り業者の査定価格を参考にする 2.車種、年式、走行距離などを勘案し、売出中の中古車価格を参考にする 3.実際の売却価格を参 […]
書画骨董品の評価
書画骨とう品は、鑑定の結果様々な価額が付けられます。 このようにして評価することで、相続財産としての価値を算出することができるのです。 書画骨とう品によっては、家庭用財産として扱われることもあります。 書画骨とう品の評価方法は二種類ある 掛 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学