邦貨換算の取扱いの準用

海外の財産を扱うという意味

相続税と贈与税、相続税は相続の名の通り亡くなった方から受け継ぐ財産で、贈与税の場合は生きている方からもらった財産に発生する税額です。
贈与税は相続税の補完的な意味合いで生まれたものですが、家族から受け継ぐ以外にも友人等の個人からももらう可能性のある贈与税の方が幅広いものとなっています。
さて、そんな相続税と贈与税ですが、財産というのは何も国内だけのものとは限りません、人によっては法施行地外、いわゆる海外に財産を持っていてそれを受け継いだり贈与されたりする可能性というものもあります。
相続税基本通達において邦貨換算という言葉を見かけますが、これは邦貨を換算する、ようするに海外の通貨を円に換算するという意味です。
相続税においては主に相次相続控除の相続税基本通達の中で見ることができ、そこでの規定はその財産がある国の法令に基づいて相続税とされる税額は、その納付する日の相場によって換算した金額とされます。
ただ、この納付というのは国内から送金する日の相場となっています。ですが、送金が遅れる場合にはその限りではないとされます。そして贈与税の配偶者控除にもこの邦貨換算の取扱いの準用があるのですが、この取り扱いもその相次相続控除における邦貨換算の扱いがそのまま適用されます。
お分かりの通り、この規定は相場というものを扱うので変動があります。
よって邦貨換算を相続税と贈与税で取り扱うことになった場合には、その相場に気をつけた方がよいでしょう。

(邦貨換算の取扱いの準用)
21の8-1 法第21条の8の規定による控除税額を計算する場合におけるその地の法令により課された贈与税に相当する税の邦貨換算については、20の2-1の取扱いに準ずるものとする。(昭57直資2-177改正、平15課資2-1改正)

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

海外に相続財産がある場合の評価方法
相続などで財産を取得したときに外国に居住していて日本に住所がない人は、取得した財産のうち日本国内にある財産だけが相続税の対象になります。ただし、次のすべてに当てはまる人が財産を取得した場合には、財産の所在に関係なく、日本国外にある財産につい […]
外貨で所有する現金の相続税評価
相続税の課税を免れるため、かつて多くの資産家が資産を海外に移し、相続を開始するという方法をとっていました。しかしそのような課税逃れを防ぐために相続税法が何度か改正され、現在はほとんどの場合において海外にある資産についても相続税の対象となって […]
外国にある土地の相続税評価方法
外国にある土地は、財産評価基本通達では評価できない 国際化が進んだ昨今、財産として所有している不動産も必ずしも日本国内にあるものばかりとは限りません。被相続人が、生前外国に土地を所有していた場合、相続税評価はどのようにすればいいでしょうか。 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学