年金支給による退職金の評価及び遺族年金

年金支給による退職金の評価及び遺族年金の評価について

普通の場合、退職金は一時金で受け取るケースが多いですが、中には年金の形で受け取る人もいます。このようなケースで当人が死亡したときはその退職金の評価が問題になります。
例えば、5年間据え置き後に10年間支給される退職金の場合は相続税法第24条第1項第1号に定められた価額に5年の基準年利率によって複利原価率を乗じた金額が評価額となります。
また、遺族年金においては相続税が課せられますが、その評価額は上記の相続税と同じ規定を適用します。
例えば、死亡した人に就学中のお子さんがおり、その子供に対して23才になるまで育英資金が年金の形で支給されることになった場合について国税庁の通達を紹介します。
このケースにおいては、育英資金は上記の相続税と同じ規定により相続されたものとみなされますので相続税が発生します。
なお、相続税法第24条第1項第1号には有期定期金の場合、無期定期金の場合、終身定期金の場合とそれぞれのケースにおける評価の決まり方が書いてあります。
因みに、育英資金ではなく国民年金の場合は国民年金法により相続財産とみなされてはいません。国民年金法には「年金給付の受給権者が死亡した場合は、生計を同じくしていた者は、未支給の年金を遺族の名で請求することができる」と記されています。
また、相続税には「契約に基づかない定期金に関する権利」として「みなし相続財産」という規定がありますが、未支給年金はそれに該当するのではなく遺族の一時所得となります。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

支給期の到来していない給与の相続税法上の取り扱い
相続財産とみなされ相続税の課税対象となる給与等 退職手当金や功労金等の給与で被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものの受給をした給与等は、本来は相続財産ではありませんが被相続人の死亡を原因として相続人の権利となるものであるため、相続財産 […]
被相続人の死亡後確定した賞与の相続税法上の取り扱い
みなし相続財産として相続税の課税対象となる給与等 被相続人が支給を受けるべきであった給与等のうち、本来は相続財産ではありませんが被相続人の死亡を原因として相続人の権利となるため、相続財産とみなされ相続税の課税対象となるものをみなし相続財産と […]
相続税基本通達における「これに類する契約」の意義
被相続人に支給されることが決まっていた退職手当金や功労金などについても、被相続人の死亡によってその権利が相続人に相続されます。そのため、それら退職手当金等についても相続税の課税範囲に含まれることになります。ただし、それら退職手当金等について […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学