資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合の意義

資力を喪失して、債務を弁済することが困難である場合とは、その人の債務の金額が、その人の資産をこえる時のように、社会一般から見て受け入れられる常識的範囲の債務支払いが不能と認められる場合のことを指しています。

所得税基本通達によれば

債務者の債務超過の状態が著しく、その人の信用、才能などを利用、活用しても現実的にその債務の全部を弁財するためのお金を調達することが出来ない。それだけではなく、近い将来においても資金を調達することが出来ないと認められた場合を言います。
つまり、借金を背負った自分と借金どちらが重いかと考えればよくわかります。
      借金を背負った自分<借金 となります。
自分では資金調達が難しい状態です。
「資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合」に該当するかどうかは、債務免除等を受けた時点により変わってきます、その時点での物件価格や証券などの相続にかかわる資産などを考慮して「資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合」に当てはめます。相続税法、所得税法、株式の終値、家屋の資産計算など、大変多くの内容を試算計算して「資力の喪失」を判断します。

(「資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合」の意義)
7-4 法第7条に規定する「資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合」とは、その者の債務の金額が積極財産の価額を超えるときのように社会通念上債務の支払が不能(破産手続開始の原因となる程度に至らないものを含む。)と認められる場合をいうものとする。(昭57直資2-177、平18課資2-2改正)

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

実務上頻出する主な債務控除一覧
借入金や未払金がない場合でも、実務上、債務控除となるものはいくつかあります。債務控除の対象となる債務は、「確実な債務」及び「死亡後に確定する被相続人に係る公租公課」です。以下の解説を参考にして下さい。 実務上頻出する債務控除「確実な債務」 […]
住宅ローンは団信で相殺?
団体信用生命保険契約の保険金によって弁済される住宅ローンについては、相続人の支払う必要のない債務なので、相続税の計算上、債務として計上することはできません。 確実な債務 相続税の課税価格の計算上、差し引くことができる債務は、被相続人が死亡し […]
債務免除等を受けた場合
債務は「借金」と同義に使われることが多い言葉です。しかし実際には、お金の返済義務のことだけではなく、ものの引き渡しや一定の行為を行うなど果たすべき義務のことを指します。義務ですので、もちろん拒否することはできません。拒否するには債権者の同意 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学