相続税法上の祭具等の範囲

相続税法では、相続税がかからない財産(非課税財産)が規定されています。そして、非課税財産には、墓所、霊びょう、祭具並びにこれらに準ずるものが該当するとされています。以下では、このうち、祭具並びにこれらに準ずるもの(祭具等)の範囲について解説します。

相続税法上の祭具等の範囲は法令で定められる

相続税法上の祭具等の範囲は、相続税法と相続税基本通達により、おおまかなアウトラインが形成されています。以下では、それらの法令について説明するとともに、実際にそれらの法令を運用するにあたっての注意点などについて説明します。

相続税法の規定について

相続税法第12条第2項では、墓所、霊びょう及び祭具並びにこれらに準ずるものは、相続税の課税価額に算入しないと規定しています。よって、相続や遺贈により、これらの財産を取得しても、それが相続税の課税対象となることはありません。

しかし、上記の規定は、「祭具並びにこれらに準ずるもの」という抽象的な表現をとっているため、いったいどのような財産が相続税の課税対象ではないのか、ということについて曖昧さが残ります。

相続税基本通達について

そこで、詳細な部分について相続税基本通達が規定しています。それによると、相続税法第12条第2項で規定している祭具並びにこれらに準ずるものは「庭内神し、神たな、神体、神具、仏壇、位牌、仏具、古墳等で日常礼拝の用に供しているもの」となっています。

基本的には、普段の家庭での日常礼拝に必要な宗教用具であれば、相続税が課税される相続財産には含まれないということになります。なお、庭内神し(祠など)の場合、その敷地は非課税財産に含まれるかどうかという問題がありますが、庭内神しの敷地は非課税財産に含まれます。

非課税財産に含まれない祭具等について

なお、同じ仏像であっても、日常礼拝の対象ではなく、美術品や商品として扱われる場合には、非課税財産とならないので注意が必要です。例えば、複数の仏像を所有している場合、仏壇の中にある仏像は日常礼拝の対象として非課税財産として扱われますが、それ以外の仏像については、美術品扱いとなり、課税財産となる可能性があります。

また、相続税対策として、貴金属製の仏具を作成する場合もありますが、極端に高価な場合には、脱税行為とみなされて、日常の礼拝の対象である場合でも、相続税の課税対象財産になる場合もあり、注意が必要です。

(祭具等の範囲)
12-2 法第12条第1項第2号に規定する「これらに準ずるもの」とは、庭内神し、神たな、神体、神具、仏壇、位はい、仏像、仏具、古墳等で日常礼拝の用に供しているものをいうのであるが、商品、骨とう品又は投資の対象として所有するものはこれに含まれないものとする。
〔公益事業用財産関係〕

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

相続税と葬式費用
相続税を計算するときは、被相続人の葬式などにかかった費用を遺産総額から差し引くことができます。これは、葬式を行うことは社会通念上当然のことであり、その費用は遺産から負担されるべきであるという考えによるものです。ただし、葬式費用として差し引く […]
相続税の計算上控除できない葬式費用
相続というのは、被相続人のすべての財産を引き継ぐということです。そして、その「すべての財産」の中には、借金や義務などの債務が含まれている場合があります。ただ、それらの債務は相続税の課税対象額を計算するときに財産の価額から差し引くことができる […]
相続税の計算上控除できる葬式費用
相続税法 第13条(債務控除)にもあるように被相続人にかかる葬式費用は相続税より控除できます。 控除できる葬儀費用は、被相続人から相続財産を取得した相続人だけに限られます。相続人ではないけど、葬儀の喪主である、又は、費用を負担した場合では控 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学