相続税の計算において相続財産から控除できる葬式費用

相続税の計算において相続財産から控除できる葬式費用の項目

相続税は相続する財産に対して一定の税率をかけて計算されます。ですから、相続税の算出において最も重要なことは財産の評価であり、最終的には課税価額の決まり方です。そして、課税価額の決まり方には幾つかの優遇処置があります。そうした処置を上手に利用することが有利な相続をする方法です。
一般的に知られている課税金額の計算方法は、すべての財産を合計し、そこから借金など債務を控除することです。そして、その金額から基礎控除と相続人の人数に600万円を乗じた金額を加算した金額が課税金額です。
しかし、それ以外にも控除できるものがあります。そのひとつが葬式費用ですが、それについて細かく説明していきます。なお、相続を拒否した人でも葬式費用を負担したときはあとから返してもらえます。
課税金額から控除できるものは遺体や遺骨の運搬費用、遺体や遺骨の回送に要した費用、葬式または葬送そして火葬や埋葬などの費用、通夜や葬式などを執り行った際にその前後で発生した費用、お寺さんへの読経料などです。
反対に、課税金額から控除できない費用としては墓地やお墓の購入費または墓地の借入料があります。そのほかには初七日の費用、永供養代、香典返し費用などです。雑学として紹介しますが、葬式などで出席者からいただく香典は課税されません。
このように課税金額から控除できるものとできないものが決まっていますが、控除できるものでも領収証は必ず保管しておくことが大切です。もし領収証がもらえないときはメモを取っておくことが大切です。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

相続税と葬式費用
相続税を計算するときは、被相続人の葬式などにかかった費用を遺産総額から差し引くことができます。これは、葬式を行うことは社会通念上当然のことであり、その費用は遺産から負担されるべきであるという考えによるものです。ただし、葬式費用として差し引く […]
相続税の計算上控除できない葬式費用
相続というのは、被相続人のすべての財産を引き継ぐということです。そして、その「すべての財産」の中には、借金や義務などの債務が含まれている場合があります。ただ、それらの債務は相続税の課税対象額を計算するときに財産の価額から差し引くことができる […]
相続税の計算上控除できる葬式費用
相続税法 第13条(債務控除)にもあるように被相続人にかかる葬式費用は相続税より控除できます。 控除できる葬儀費用は、被相続人から相続財産を取得した相続人だけに限られます。相続人ではないけど、葬儀の喪主である、又は、費用を負担した場合では控 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学