非上場株式等についての相続税の納税猶予

非上場株式を相続する場合には納税猶予措置を受けることができますが…

非上場株式を相続するときには相続税の納税猶予を利用できます。ただし、どのような場合であっても猶予できるとは限りません。
まず、相続人が後継者であり、そして会社経営を続けていくという条件があります。
小規模な株式会社を設立した場合には、たいていは創業者である人が経営者となり、株式を100%所有しています。その人が死亡した場合には、株式を後継者に譲渡することになりますが、このときに大きな相続税を納めなければならなくなる場合もあります。それによって経営を続けられなくなると、経済に対して悪影響を与える事になります。
このようなことから、経済産業大臣の認定を受ければ、相続税を猶予することができるようになっています。実際に猶予できる金額は課税価格の80%となっています。
非上場株式に対する納税猶予はについては、経営を継承した人が生存している間に適用されるものですから、死亡した場合には適用されなくなります。死亡した場合には猶予がなくなりますから一括して納税するとともに、利子税もあわせて納めることが必要となってくるのです。
経済産業大臣の認可を受ければ良いわけですが、このは「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律施行規則」がその根拠の法律となります。そして、経済産業省大臣の認可を受けることが必要となるのですが、そのためには地方経済産業局を通して申請するのが基本的な方法となります。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

医療法人の出資の相続税評価
医療法人とは 医療法人は、医療法上剰余金の配当が禁止されているなど、会社法上の会社とは異なる特色を有しています。 このような医療法人の出資を類似業種比準方式により評価するとした場合、類似する業種目が見当たらないことから、業種目を「その他の産 […]
相続税評価における純資産価額計算上の負債
純資産価額基準の計算 課税時期における1株あたりの純資産価額の評価額は取引相場のない株式の評価の原則によって、1株あたりの純資産価額は課税時期に各資産を評価した価額であり、くわえて、通常取引で相当される評価物件などは該当する帳簿価格相当で評 […]
配当期待権の相続税評価
配当期待権とは 配当金交付の基準日の翌日から、配当金交付の効力が発生する日までの間における配当金を受けることのできる権利のことです。 課税時期以降に受けると見込まれる予想配当金額から其の金額について源泉徴収されるべき所得税相当額を控除した金 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学