農地等の贈与を行った場合の贈与税の納税猶予の適用

農地法第5条の許可にかかる贈与の際、贈与税の納税猶予の適用があるか

税金に関わる問題は、各種法律によって細かく定められていて、法律に従って課税が行われています。法律の規定が無いものについて、勝手に課税をするということは認められていないのです。
しかし、法律の規定が明確ではなかったり、個別具体的に解釈しなければならなかったりするケースもあります。この場合、当事者が自分の判断で行動することは避けるべきです。必ず、法律の専門家に相談したり、税務署・国税局に問い合わせをしたりして、正しい対応を知る必要があります。
自分の判断で行動してしまうと、納税の義務があるのに税金を滞納することになる場合があり、追徴課税などの処分対象になりえるのです。
農地に関する課税関係は、分かりにくい条文も多く、頻繁に争いになります。たとえば、対象年の前年以前又は対象年に農地法第5条の許可を受けた農地等の贈与を行った場合の贈与税の納税猶予の適用があるのかどうか、というケースです。農地法の条文からは、明確に適用可否を判断することができないのが現実です。
しかし、平成15年度に行われた税制改正の趣旨を考慮すると、農地委員会で農地以外のものとする許可が出ている場合、その農地まで租税特別措置法施行令第40条の6第1項にある農地等に含めるのは不適切だと言えます。そのため、農地法第5条によって許可を受けている場合については、贈与税の特例を適用することができるとしても、差し支えがありません。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

市街地農地の財産評価
農地は農地法などにより定められており、財産評価基本通達で記載されているものは、純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地になります。 市街地農地 市街地農地とは主に市街地区域内にある農地のことを指します。 そのほかにも市街地農地とされる条 […]
中間農地の財産評価
農地は農地法によって分類がなされており、財産評価基本通達の中に評価方法が定められているものは、純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地の四つになります。 ここでは中間農地の財産評価について解説を行います。 中間農地 中間農地は都市近郊に […]
路線価の付されていない市街地農地の評価
倍率地域に存する市街地農地に該当し、宅地比準方式により評価することとなります。 近傍宅地の固定資産税評価額 近傍宅地の固定資産税評価額は、当該農地の存する役所の固定資産税課等で確認することができます。また、全国地価マップでも確認できる場合も […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学