受給資格取得のために経営移譲が行われていた場合の相続税の納税猶予の特例の適用

特例の適用を引き続き受けるためには一定の要件を満たすことが必要

納税猶予の特例措置は、農業者年金基金法によって定められていますが、これが改正されたことによって解釈がどうなるのかが問題となっています。特に、相続が発生したときの扱いについては非常に難しいようです。
結論的に言えば、生前に経営譲渡が行われていれば納税猶予の適用を受けられる場合があります。ただし、この場合には一定の要件を満たすことが必要となってきます。
例えば、生前に長男に対して経営譲渡をすでに行っていて、実際には長男が農業経営をしていた場合、相続が始まって長男がすべてを引き継ぐのであれば長男は納税猶予の特例を受ける事ができます。
しかし、相続によって長男だけではなくて次男も財産を受け継いだ場合にはどうなるのかというと、この解釈は少し難しくなります。
まず長男についてですが、もともと経営譲渡が行われていたものを相続するわけですから、相続によって取得した農地を借りる権利が設定されていると考えられます。
この権利は相続によって消滅することになりますから、引き続いて農業経営を行っていくというような要件を満たせば、納税猶予の特例を引き続き受ける事ができます。
次男は農業経営を行っていなかったわけですが、長男が譲渡されていた権利は消滅しますから、扱いは同等となります。
ただ、引き続いて次男が農業経営を行うなどの要件を満たさない限りは納税猶予の特例を受ける事はできなくなりますから注意が必要です。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

市街地農地の財産評価
農地は農地法などにより定められており、財産評価基本通達で記載されているものは、純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地になります。 市街地農地 市街地農地とは主に市街地区域内にある農地のことを指します。 そのほかにも市街地農地とされる条 […]
中間農地の財産評価
農地は農地法によって分類がなされており、財産評価基本通達の中に評価方法が定められているものは、純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地の四つになります。 ここでは中間農地の財産評価について解説を行います。 中間農地 中間農地は都市近郊に […]
路線価の付されていない市街地農地の評価
倍率地域に存する市街地農地に該当し、宅地比準方式により評価することとなります。 近傍宅地の固定資産税評価額 近傍宅地の固定資産税評価額は、当該農地の存する役所の固定資産税課等で確認することができます。また、全国地価マップでも確認できる場合も […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学