遺産分割の方法は4つ

遺産分割の基本は話し合いです。話し合いで自由に分け方を決めることが可能です。

財産を持っていた人が亡くなると、誰が、どの財産を、どれだけ、どの方法により取得するかを決めなければなりません。そしてこの遺産分割は、相続人全員の協議により自由に決めることができます。遺産分割の方法は、次の4つがあります。

1.現物による分割

土地は長男、現金は妻というように、特定の財産を特定の相続人が相続する方法です。この方法が最も多く取られる基本的な遺産分割の方法です。

2.代償分割

例えば、遺産が土地のみといった場合に、長男が1人で土地を相続する代わりに、次男には長男が、その土地の価値に見合う金銭を支給するというような分け方をいいます。

3.換価による分割

遺産を売却し、その代金を分け合う方法です。例えば誰も住んでいない空き家があり、その空き家を相続したい人がいなければ、売却して換金する場合等に用いられる方法です。

4.共有による分割

遺産の一部または全部を相続人が共同で所有することです。被相続人名義の不動産があった場合、共有にすることで、それぞれがその不動産に対して持分を所有することになります。ただし、共有にした場合には、将来不動産を売却・処分する等の際に、共有者全員の合意が必要となるので注意が必要です。

このような複数の遺産分割の方法がありますが、相続人全員が同意すれば、どの方法を採用するのかは自由です。ただ遺産分割で、争いに発展することも多いので、できる限り円満に終えたいものですね。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

未成年は遺産分割協議書にサインできない!?
遺産分割協議にサインすることは、財産行為なので、20歳未満の未成年者は、単独ではできません。それでは、20歳未満の未成年者が相続人となり、遺産分割協議に参加しなくてはならなくなった場合には、どのようにしたらよいのでしょうか?以下では、この問 […]
遺産分割の方法は4つ
遺産分割の基本は話し合いです。話し合いで自由に分け方を決めることが可能です。 財産を持っていた人が亡くなると、誰が、どの財産を、どれだけ、どの方法により取得するかを決めなければなりません。そしてこの遺産分割は、相続人全員の協議により自由に決 […]
遺産分割協議が上手くいかなかった場合
家庭裁判所への調停の申立て 被相続人が亡くなった後に、相続財産について相続人どうしで協議を重ねてもまとまらない場合、相続人は家庭裁判所に調停を申し立てることができます。調停は家庭裁判所の審判官(裁判官)と調停委員からなる調停委員会が、申立人 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学