「相続財産」と「みなし相続財産」違い

被相続人の死亡後に支払われる「みなし相続財産」は、相続税の申告をする際には含めなければならない財産です。

死亡保険金や死亡退職金は一定の金額までは非課税になるので、節税対策としても役立てることができます。

みなし相続財産とは?

相続財産とは、亡くなった方が死亡時に持っていた財産を言います。

相続人が複数いる場合には、遺産分割によって分けることになります。

実はこの他にも、被相続人が死亡時には持っていなかった財産で、相続税の申告をしなければならない財産があるのです。

それが、「みなし相続財産」です。

この代表例は、死亡保険金と死亡退職金であり、これらは被相続人が死亡したことを原因として発生する財産になります。

前者は、被相続人が生前に生命保険会社と締結した契約に基づいて保険会社から後に支払われるお金のことであり、後者は、被相続人が生前に勤めていた会社から貰うお金を指します。

死亡時には持っていなかった財産なのに、なぜ相続税申告をしなければならないのでしょうか。

申告時には相続財産と同じ扱いをする

初めにも書いた通り、相続税申告をする必要のある相続財産というのは「被相続人が死亡時に持っている財産
」のことです。

その定義に照らし合わせると、みなし相続財産は相続財産と同じ扱いをする必要はなさそうに思えます。

ですが、みなし相続財産は被相続人の死亡を原因として相続することになった財産です。

つまり、相続財産と性質に何ら変わりがないことになります。

このような理由から、生前から持っていなかった財産であっても、相続財産と同じ扱いをして相続税申告が必要な財産に含めることになっているのです。

節税対策にも役立てることができる

このように、相続税申告の対象となるみなし相続財産ですが、実は節税対策として利用することもできるのです。

死亡保険金と死亡退職金は、「500万円×法定相続人の数」までであれば非課税になります。

つまり、夫が亡くなり妻と二人の子供の計3人が法定相続人となっている場合には、500万円×3人=1500万円までが非課税ということです。

みなし相続財産の金額がこの式によって算出された金額を超えると、その部分が相続財産として扱われることになります。

みなし相続財産は全部で4つ

ここまで二つのみなし相続財産を見てきましたが、その他にも知っておくべきみなし相続財産があります。

それは、「被相続人が死亡する前の3年間で贈与された財産」と「弔慰金」の二つです。

前者は、被相続人が死亡する直前に相続税を軽減するための贈与をすることを防ぐ目的で定められています。

後者は、元は非課税なのですが、それを良いことに多額のお金を弔慰金や葬儀料として節税しようとする行為が起こらないとは言えません。

そのため、そのような行為を防止するために、弔慰金もみなし相続財産として相続税の課税の対象とされているのです。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

電話加入権の相続税評価
国税局の「財産評価通達 第7節 電話加入権 161 電話加入権の評価」によると取引相場がある電話加入権には価額があります。それ以外のTEL加入権は売買実例価額等を基に国税局長が標準価額によって評価がされます。 電話加入権は、評価され価額が出 […]
著作権の相続税評価
著作権は言語や音楽、絵画など、自らの思想や感情を表現した創作物に対して得られる財産的な権利を言います。著作権は、著作物を創作した時点で著作者に自動的に発生する権利です。著作権も相続する事ができ、財産となるので、相続税の財産評価の対象となりま […]
相続税評価における地味級
「地味」とは「ちみ」と読み生産力から見た土地の良し悪しを表す指標です。土地に味がついている意味で、どの程度土が肥えているかを示します。 ここで算出する「地味級の割合」は森林の主要樹種の立木の評価を行う際に必要となる数値になります。 地味級の […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • 事前登録割引制度
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学

税金に関するコラム