訴訟中の権利の相続税評価

現金、預金、不動産などの被相続人の財産は、相続開始、つまり被相続人の死亡と同時に相続人に承継されます。相続財産が被相続人のものであることが確認できれば大きな問題にはなりませんが、相続財産が被相続人のものなのか、あるいは他人のものなのかについて、争いになることもあります。このような場合は民事訴訟で解決を図ることになりますが、訴訟中の権利についても、相続開始の時点で相続人に承継されることになります。

1.訴訟中の権利の評価方法

訴訟中の権利の価額については、財産評価基本通達で「課税時期の現況により係争関係の真相を調査し、訴訟進行の状況をも参酌して原告と被告との主張を公平に判断して適正に評価する。」と定められています。つまり、一律の評価基準や計算式といったものはなく、被相続人が亡くなったときの状況等に応じた個別の判断が求められています。

2.交通事故に遭った場合の損害賠償請求権

被相続人が交通事故に遭って、損害賠償について加害者と争っている途中で死亡した場合、その損害賠償請求権は相続財産となり、損害賠償請求権の評価額が相続税の課税価格に算入されます。

損害賠償金の支払額が相続開始の時点で確定していれば、その金額を相続税の課税価格に算入します。係争中に相続が開始して損害賠償金の金額が確定していない場合には、損害賠償請求権の価額を財産評価基本通達の訴訟中の権利の評価方法の定めによって評価して、相続税の課税価格に算入することとなります。しかし、実務上は、相続開始後に確定した損害賠償金の金額で損害賠償請求権を評価するものと考えられます。

これとは別に、民法第711条では、不法行為によって生命の侵害を受けた者の父母、配偶者、子は、固有の損害賠償請求権を取得するものとされています。この規定に基づいて受け取った損害賠償金は相続財産とはならず、相続人が加害者から受け取ったものとして所得税法上の非課税所得となります。

つまり、相続人が受け取った損害賠償金は、被相続人が受け取ることになっていたものか、相続人が自ら請求したものかによって、次のように税務上の取り扱いが異なるので注意が必要です。

● 被相続人が受け取ることになっていた損害賠償金…相続財産として相続税の課税価格に算入
● 相続人が自ら請求した損害賠償金…所得税法上の非課税所得

前者は被相続人が受け取った損害賠償金を相続人が相続したという考えによるため、相続税が課されます。一方、後者は相続人自身に対する損害賠償金であるため、非課税となります。

【財産評価基本通達】(その他の財産)
(訴訟中の権利)
208 訴訟中の権利の価額は、課税時期の現況により係争関係の真相を調査し、訴訟進行の状況をも参酌して原告と被告との主張を公平に判断して適正に評価する。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

電話加入権の相続税評価
国税局の「財産評価通達 第7節 電話加入権 161 電話加入権の評価」によると取引相場がある電話加入権には価額があります。それ以外のTEL加入権は売買実例価額等を基に国税局長が標準価額によって評価がされます。 電話加入権は、評価され価額が出 […]
著作権の相続税評価
著作権は言語や音楽、絵画など、自らの思想や感情を表現した創作物に対して得られる財産的な権利を言います。著作権は、著作物を創作した時点で著作者に自動的に発生する権利です。著作権も相続する事ができ、財産となるので、相続税の財産評価の対象となりま […]
相続税評価における地味級
「地味」とは「ちみ」と読み生産力から見た土地の良し悪しを表す指標です。土地に味がついている意味で、どの程度土が肥えているかを示します。 ここで算出する「地味級の割合」は森林の主要樹種の立木の評価を行う際に必要となる数値になります。 地味級の […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学