高層マンションの購入で相続税を節税する方法

相続税対策として高層マンションを購入する方法は、とても効果的です。

販売価格の高い上層の部屋の方が、低い階に住むよりも節税できるって知っていましたか?高層マンションの特徴を知って相続に活かしましょう。

マンションは高くなるほど役に立つ

数ある相続税対策の中でも、高層マンションを利用する対策方法はとても有効です。

高層マンションの建設は増加しており、その数は特に大都市を中心として増え続けています。

タワーマンションと呼ばれるこの建造物は従来のマンションよりもかなり背が高く、最上階に近くなればなるほど良い眺めを手に入れられるということで人気を集めています。

マンションの「101号室」といった各部屋のことを専有部分と言います。

この専有部分は一つのマンション内であればほぼ全てが同じ広さ、間取りで作られています。

しかし、階が上がるにつれてそこから見える景色に大きな差がでてくるということで、上に行くほど販売価格が高くなります。

このように、階によって何千万円という販売価格の差が出る高層マンションは、相続税対策に大いに役立てることができるのです。

どの部屋でも評価額は同じ

不動産には様々な種類がありますが、その中でもなぜ高層マンションが税金対策に良いとされるのでしょうか。

それは、マンションが大きくなればなるほど戸数が増えるからです。

相続税を算出する際には不動産の評価額を出さなければなりません。

まず、土地の評価額は、敷地全体の評価額に一戸当たりの持ち分である敷地権をかけて算出します。

そのため、戸数が多い不動産ほど土地の評価額が低くなります。

次に、建物については原則としてその専有部分の床面積で評価額を出します。

つまり、同じマンション内の同じ床面積の部屋であれば、どの階に住んでいても建物の評価額は同じになるということです。

ここから分かる通り、部屋からの眺めというプレミアは、建物の評価額を算出する際には全く関係なくなります。

上の階に住む方がお得!

相続税対策を行う上で、覚えておきたい基本事項があります。

それは、時価と相続税評価額との差をなるべく大きくして評価額を下げるという方法です。

時価は専有部分の販売価格のことであり、相続評価額は土地と建物の評価額から算出される価格を言います。

高層マンションの場合は、販売価格が上に行くほど高く設定されていることから、相続税評価額との差は最上階に近いほど大きくなります。

相続税評価額は、先程説明した通りマンションのどこに住んでいても同じですから、眺めがよく販売価格の高い上の階に住めば自然とその差を大きくすることが可能なのです。

相続税対策として高層マンションを利用しようと考えている人は、上の階にある部屋を購入する方が相続税を節約することができます。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

墓地の購入は非課税なので相続税の節税になる
お墓や仏壇は、資産として相続税の課税対象になりませんが、相続開始後にお墓や仏壇を購入しても、その費用を相続税の債務として控除することができません。つまり、生前からお墓や仏壇を購入しておけば、その分財産がマイナスとなり、購入しておいたお墓や仏 […]
借入をうまく活用した相続税対策
借入をすれば相続税対策ができるという話を聞いたことがあるかもしれませんか、借入をすること自体には節税効果はありません。たしかに借入金という負債が増えれば、相続財産が減り節税できたように見えるかもしれません。ところが、よく考えてみると間違いだ […]
生命保険加入で、相続税を一時所得に変えて節税
生命保険金については、法定相続人の人数×500万円までが非課税になりますが、資産規模が大きい資産家の方にとっては、この生命保険金の非課税枠だけでは大きな節税効果は見込めません。通常の生命保険契約は、保険料負担者と被保険者を親にして、受取人を […]

カテゴリから他の記事を探す

相続対策編

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学