生命保険加入で、相続税を一時所得に変えて節税

生命保険金については、法定相続人の人数×500万円までが非課税になりますが、資産規模が大きい資産家の方にとっては、この生命保険金の非課税枠だけでは大きな節税効果は見込めません。通常の生命保険契約は、保険料負担者と被保険者を親にして、受取人を子にします。つまり親が自分が亡くなった時のために、自分の財産から保険料を支払うのです。そうすると、子が受け取る生命保険金は、相続税の課税対象として取り扱われます。

そこで、被保険者が親で保険料負担者と受取人を子にした生命保険に加入します。これは、子が親が亡くなった時のために、子の財産で保険料を払うものです。そして、この子が親のために払う保険料を、親が子に贈与するのです。これによって、親が亡くなった時に子に支払われる生命保険金は、子の一時所得として、所得税の対象となるのです。

相続税の最高税率は50%です。例えば、親が亡くなって1億円の生命保険を受け取っても,最終的に手元に残るのが5,000万円というケースもあります。そこで、保険契約の方法を「契約者=受取人」とすることで、生命保険金が相続税の対象ではなく、一時所得といって、所得税の対象となります。

■算式 (受取保険金-払込保険料-50万円)×1/2=一時所得

この算式から、受取保険金の1/2以下が所得税の課税対象となるため、所得税・住民税を合計した最高税率は50%となりますが、実質的には受取保険金に対して、25%以下の税率となります。つまり相続税が高い税率で課税されるような、資産家の方に有効な対策となります。

またこの対策の実行にあたり、親から子に保険料相当額を贈与することになりますが、その贈与額を毎年310万円とする方法が考えられます。これは、贈与税の税率が10%と、一番低くなるのが310万円であり、20万円の贈与税負担で310万円を贈与することができます。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

墓地の購入は非課税なので相続税の節税になる
お墓や仏壇は、資産として相続税の課税対象になりませんが、相続開始後にお墓や仏壇を購入しても、その費用を相続税の債務として控除することができません。つまり、生前からお墓や仏壇を購入しておけば、その分財産がマイナスとなり、購入しておいたお墓や仏 […]
借入をうまく活用した相続税対策
借入をすれば相続税対策ができるという話を聞いたことがあるかもしれませんか、借入をすること自体には節税効果はありません。たしかに借入金という負債が増えれば、相続財産が減り節税できたように見えるかもしれません。ところが、よく考えてみると間違いだ […]
生命保険加入で、相続税を一時所得に変えて節税
生命保険金については、法定相続人の人数×500万円までが非課税になりますが、資産規模が大きい資産家の方にとっては、この生命保険金の非課税枠だけでは大きな節税効果は見込めません。通常の生命保険契約は、保険料負担者と被保険者を親にして、受取人を […]

カテゴリから他の記事を探す

相続対策編

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学