死後4ヶ月以内にすべき準確定申告とは何??

通常、所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、その翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をすることになっています。しかし、年の中途で死亡した人の場合は、相続人が、1月1日から死亡した日までの所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税をしなければなりません。これを準確定申告といいます。準確定申告は、相続人が1人しかいない場合は、その相続人が行うこととなりますが、2人以上いる場合は原則的に、各相続人が共同で準確定申告書を提出することとなっています。申告する場所は、被相続人の死亡当時の納税地の税務署に申告します。またこの準確定申告は、全員が必要な義務というものではなく、次のような条件にあてはまる被相続人の方の相続が対象となります。

・個人で事業をしていた方

・不動産所得があった方

・年間2千万円以上の給与があった方

・譲渡所得や一時所得があった方 等々

このように準確定申告が必要な方はケースバイケースですが、生前被相続人が確定申告を行い税金を納めていた場合には、必要となる可能性が高いといえます。

また一番多いケースは、亡くなった年の所得は年金収入だけであったという方ですが、年金収入のみであった方は毎月源泉徴収という形で、税金が天引きされていますので、準確定申告を行う義務はありません。ただし、逆に申告を行うと、ほとんどの方が毎月天引きされている所得税について、数万円程度の還付を受けることができます。

準確定申告は、相続税の相続開始から、10ヶ月以内という申告期限とは違い、4ヶ月という短い期限になっているので、注意が必要です。申告の必要性の可否が不明な場合は、税理士さんに相談してみるといいでしょう。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

過年度の確定申告を失念していた場合
基本的には、“あるべき”に修正を行う必要があると考えます。 ただ、影響が軽微な場合さらに費用対効果等、状況によっては、修正申告や更正の請求を行わないという選択肢も考えられます。 ただ、相続税の申告内容との一貫性がとれない場合には、特に注意が […]
準確定申告の手続き
基本的には、通常の確定申告と同様の手続きとなります。 但し、相続開始から4か月以内が申告期限になる等、準確定申告に特有の注意事項がありますので以下の解説をご参照下さい。 確定申告書付表の添付の提出が必要となります 準確定申告書を提出する場合 […]
死後4ヶ月以内にすべき準確定申告とは何??
通常、所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、その翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をすることになっています。しかし、年の中途で死亡した人の場合は、相続人が、1月1日から死亡した日までの所得金 […]

カテゴリから他の記事を探す

税務一般編

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • 事前登録割引制度
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学

税金に関するコラム