相続財産の管理人の報告

相続財産の管理人には報告義務がある

家族を亡くしてしまって遺産を受け継いだはいいものの、遺族に未成年者がいるという場合や障害を持っており自身では満足に相続財産を管理できない方がいるといった場合などは第三者が遺産の管理人として間に入ることになります。
後見人とも言われる管理人は相続財産の管理を任されると同時に財産の状況を家庭裁判所などに報告する義務が生じます、端的に言ってしまえば管理者が勝手に故人の遺産を使っていないかチェックするというのが報告の目的となっています。
現金資産の場合通帳のコピーを提出したり、本来遺産を受け取るはずの遺族などが遺産を元に大きな金額の買い物を行ったり投資に回したりしたといった場合などには証拠となる資料を提出しなければいけないと認識しておくといいでしょう。
そのような面倒を請け負うため相続財産の管理人には一定金額の報酬が支払われることが大半ですが、相続人と血縁関係にあるなどの家族が後見人や管理人になったという場合に関しては報酬が支払われないといったケースも多くなっています。
未成年者の遺産管理人の場合、本来遺産を受け取るはずだった個人が成人した段階で遺産を全て受け渡すことでその責任を真っ当したという形になります。
管理しなければいけない金額が大きくなればなるほど報告書の作成は大変となると言えるため、司法書士や弁護士などを頼って相続財産の管理を行うという選択肢を取っている方も大勢居るということを覚えておくといいでしょう。

第954条
相続財産の管理人は、相続債権者又は受遺者の請求があるときは、その請求をした者に相続財産の状況を報告しなければならない。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

相続人がいない場合
相続人不存在とは 死亡した人に相続人がいるかどうかが明らかでないときがあります。こうした状態を「相続人の不存在」といいます。 相続人がいるかどうかが明らかでないときとは、相続人となるべき者が戸籍上見当たらないときのほか、相続人全員が相続の放 […]
連帯債務者及び保証人の求償権の放棄
同一債務について複数の債務者が債務の全部を、複数の債務者で負担する方法「連帯債務」といい、その債務を負担するものを「連帯債務者」と言います。 求償権(きゅうしょうけん)とは 他人の債務を弁済した人が、その他人に対して返還に請求をする権利のこ […]
残余財産の国庫への帰属
死亡した方に相続人がない場合、死亡した方に特別の縁故があった方に、その財産の全部又は一部が分け与えられるという財産分与が行われます。この財産分与を経ても、死亡した方の財産に残余がある場合、その残余財産は国庫に帰属します。これを「残余財産の国 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学