遺言関係者の署名及び押印

遺言関係者の印鑑の種類

遺言の作成方法は大きく分けて三通りになり、自分で文章を作成する自筆証書遺言と、公証人や立会人の証明を行う公正証書遺言、秘密証書遺言があります。自筆証書遺言は、遺言内容から署名まで全て自筆で行う必要がありますが、印鑑は必ずしも実印である必要はありません。ただし、被相続人が死亡した後、裁判所で検認の手続きを行う必要があります。
一方、公正証書遺言や秘密証書遺言では、文章はワープロや代筆でも構いませんが、遺言者本人、筆者、立会人及び証人が全員署名押印する必要があります。公正証書遺言の場合、遺言者は実印を押印の上、印鑑証明書を添付する必要があります。
秘密証書遺言では、遺言書に押印したものと同一の印鑑で封をすることになっていますが、実印である必要はありません。また、遺言者以外の遺言関係者の署名及び押印が必要ですが、印鑑は認印で大丈夫です。
立会人は二名必要ですが、遺言内容とは関係なく、血縁関係も近くない第三者を選ぶ必要があります。近所の人などに依頼することもできますが、通常は遺言の内容が親しい人に漏れることのないように、全く面識のない立会人を公証人に紹介してもらうケースがほとんどです。
また、公正証書遺言は検認の必要がありませんが、秘密証書遺言の場合、内容は本人しか知らないため、自筆証書遺言と同じように、裁判所で検認手続きをしなければ効力が発揮されませんので注意が必要です。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

遺言執行者の復任権
遺言執行者として選任された人 遺言執行者として選任された人は遺言を執行するという任務を他の人に負わせることはできないのが基本となっています。それができるのは特定の条件を満たした場合に限ります。 まずやむない事情があるときです。そしてもう一つ […]
遺言執行者が数人ある場合の任務の執行
遺言による複数の遺言執行者の指定 遺言を作成する際に遺言執行者を指定することができます。遺言執行者の人数には制限がありませんから、1人だけではなく複数の執行者を指定していることもあります。遺言や遺言執行者の存在を、相続人が知らない場合には、 […]
遺言執行者の解任及び辞任
遺言執行者の解任及び辞任の方法 遺言執行者とは、被相続人が残した遺言書の内容を実行することを職務とした人のことをいいます。 遺言者は遺言により遺言執行者を指定することができます。 また、その指定を第三者に委託することもできます。 こういった […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学