遺言執行者の選任

遺言書の中で指定される場合と家庭裁判所において選任される場合の違い

遺言執行者とは遺言書の中身を実行する責任を任された立場の人を指す名称で、遺言書の中で指定される場合と家庭裁判所において選任される場合とがあります。
遺言者によって遺言執行者が指定されている場合はその人が遺言の中身を実行することになりますが、遺言者の指定がない場合は選任を家庭裁判所に依頼しなければなりません。その際には家庭裁判所に選任の申立書を提出します。
一般的にこの申立書には、遺言執行者の候補者を記載します。つまり、形式的には家庭裁判所側が遺言執行者の選任を行う形になっていますが、実際には相続人同士が相談して、最適だ
と思われる人物が選任されるように申し立てることができるのです。
遺言執行者は非常に煩雑な手続き等を行わなければならないため、仕事をしている人が選任された場合などはかなりの負担がかかることになります。適した人物がいないのであれば、弁護士や行政書士など法律の専門家に遺言執行者になってもらうことも一つの方法だと言えるでしょう。
遺言の内容によっては必ずしも遺言執行者が必要となるわけではありませんが、子供の認知や相続人の廃除・取消といった手続きは遺言執行者しかできないことになっています。非嫡出子の認知を行ったり、違法な行為を行った相続人を廃除する場合などは、相続人間にもトラブルが起こるケースが多いため、できるだけ利害関係のない公平な立場から遺言の執行を行える人物を選ぶことがおすすめです。

(遺言執行者の選任)
第1010条
遺言執行者がないとき、又はなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、これを選任することができる。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

遺言執行者の復任権
遺言執行者として選任された人 遺言執行者として選任された人は遺言を執行するという任務を他の人に負わせることはできないのが基本となっています。それができるのは特定の条件を満たした場合に限ります。 まずやむない事情があるときです。そしてもう一つ […]
遺言執行者が数人ある場合の任務の執行
遺言による複数の遺言執行者の指定 遺言を作成する際に遺言執行者を指定することができます。遺言執行者の人数には制限がありませんから、1人だけではなく複数の執行者を指定していることもあります。遺言や遺言執行者の存在を、相続人が知らない場合には、 […]
遺言執行者の解任及び辞任
遺言執行者の解任及び辞任の方法 遺言執行者とは、被相続人が残した遺言書の内容を実行することを職務とした人のことをいいます。 遺言者は遺言により遺言執行者を指定することができます。 また、その指定を第三者に委託することもできます。 こういった […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学