遺言の執行に関する費用の負担

遺言にもとづいて遺産を受け渡すためには、多くの場合費用がかかります。遺産の名義変更や売却費用など、一般的に高額な遺産の受け渡しだけに、その費用も相当な金額になることでしょう。

民法1021条では、遺言を正しく執行するために必要なそれらの費用については、相続財産から負担することと規定しているのです。そのため、実際に分配される財産は、それらの費用を控除したものから行われることになります。

ただし、民法1021条では、上記に加えて「ただし、これによって遺留分を減ずることはできない」と規定されています。

この追記されている部分について、相続人や遺言を受け取る受遺者にとっては大きなポイントとなりますので、詳しく解説します。

1.遺留分

財産を相続するとき、何も定めがなければ、「法定相続分」という法律で定められた相続人に対する財産の分配割合で相続されます。
しかし、この割合は遺産分割協議で変更できますし、遺言ではまったく無視して設定することもできるのです(遺言では法定相続人以外に遺産を譲ることもできます)。

そして、これらの分配の変更によって、被相続人の兄弟姉妹やまったくの他人にすべての財産が譲り渡されることになってしまった場合、どうなるでしょうか? もしかしたら、遺された配偶者や子供が、それによって生活できなくなってしまうかもしれません。

法律ではそんな事態を避けるため、被相続人の兄弟姉妹を除く法定相続人、つまり、被相続人の配偶者や子供、親については、遺産を相続する最低限の割合「遺留分」を正当な権利として定めているのです。

(1)遺留分減殺請求

遺言書に遺留分を侵してまでも譲り渡す記載があった場合でも、基本的には遺言に従って遺産が譲り渡されます。しかし、法定相続人には遺留分を受け取る権利がありますので、この権利を行使することができます。それが、遺留分減殺請求です。

具体的な例を挙げましょう。

財産価額: 3,000万円
相続人 : 妻、子2人
遺言  : 叔父(不定相続人以外)へ2,000万円遺贈する

この場合の財産分配は、叔父に2,000万円、妻に500万円、子2人に250万円ずつになります。
しかし、このときの遺留分は法定相続分の2分の1ですので、以下のようになります。

妻の遺留分=3,000万円×法定相続分(2分の1)×2分の1=750万円
子の遺留分=3,000万円×法定相続分(4分の1)×2分の1=375万円

そのため、合計で500万円の遺留分減殺請求が行われ、叔父は1,500万円だけ遺贈されることになるのです。

2.遺言の執行に関する費用の負担

ここで、話を最初に戻しましょう。

そもそも、遺言のある財産分配については、遺言の執行費用を控除した残りの財産を分配することになります。その分配については、まず遺言による遺贈を行い、その後の残りを法定相続分に則って相続人に分配するというものです。

民法1021条にある「ただし、これによって遺留分を減ずることはできない」というのはこのときに効力を発揮します。
この規定によれば、財産から遺言の執行費用を控除した場合でも、法定相続人の遺留分が下がることはないのです。上記と同じ例で、具体的に説明しましょう。

財産価額: 3,000万円
相続人 : 妻、子2人
遺言  : 叔父(不定相続人以外)へ2,000万円遺贈する
遺言の執行費用:200万円

この場合の財産は遺言の執行費用を控除した2,800万円となり、その分配は、叔父2,000万円、妻400万円、子2人が200万円ずつとなります。民法1021条の規定によれば、このときの遺留分も、執行費用を控除する前の金額のまま変わりませんので、妻750万円、子2人はそれぞれ375万円です。
つまり、合計で600万円の遺留分減殺請求が行われ、叔父1,300万円、妻750万円、子2人それぞれ375万円の財産分配となるのです。

【参考URL】
民法1021条

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

遺言執行者の復任権
遺言執行者として選任された人 遺言執行者として選任された人は遺言を執行するという任務を他の人に負わせることはできないのが基本となっています。それができるのは特定の条件を満たした場合に限ります。 まずやむない事情があるときです。そしてもう一つ […]
遺言執行者が数人ある場合の任務の執行
遺言による複数の遺言執行者の指定 遺言を作成する際に遺言執行者を指定することができます。遺言執行者の人数には制限がありませんから、1人だけではなく複数の執行者を指定していることもあります。遺言や遺言執行者の存在を、相続人が知らない場合には、 […]
遺言執行者の解任及び辞任
遺言執行者の解任及び辞任の方法 遺言執行者とは、被相続人が残した遺言書の内容を実行することを職務とした人のことをいいます。 遺言者は遺言により遺言執行者を指定することができます。 また、その指定を第三者に委託することもできます。 こういった […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学