前の遺言と後の遺言との抵触等

前の遺言と後の遺言との抵触等とは

前の遺言と後の遺言との抵触等は、前の遺言が撤回されたわけではなく、後の遺言があるという場合に何を優先すべきかということにも繋がります。
後の遺言の内容に、前の遺言の内容を撤回しなければ実現できないというものがある場合、これを「抵触した」といいます。
ひとつのものを前の遺言ではAに遺すとしていたのにも関わらず、あとの遺言ではBなる人物に遺すとしていたとします。
後の内容は重なった部分がなく、付け足しの遺言と考えられても、AからBに同じものを遺すと書いてあるのであれば、「AとBに遺す」という意味ではなく、Aに遺すことは撤回して、Bに遺す意志を表したと考えるのが自然です。
また生前処分によってすでに遺贈されるべき物が受遺者の手に渡っていると考えられる場合も、「抵触した」ということになります。
例えば愛人に対して金銭を遺すという遺言を書いていたとします。
その後存命中、愛人へ同額の贈与を渡し、愛人は「これ以上の金銭は要求しない」ということを約束した上で受け取っていたとします。
これであれば遺言にある金銭を受け取れないことはありませんが、遺言にある遺贈分を生前に受け取っていたと考えるのが順当です。
これは遺言後の生前処分に抵触することになりますので、撤回と同一のものと法的にみなすこととなります。
遺言の撤回などは実際に行われていないわけですが、事実関係から見て法律的な効果を与えているわけです。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
第1023条
1.前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2.前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

遺言執行者の復任権
遺言執行者として選任された人 遺言執行者として選任された人は遺言を執行するという任務を他の人に負わせることはできないのが基本となっています。それができるのは特定の条件を満たした場合に限ります。 まずやむない事情があるときです。そしてもう一つ […]
遺言執行者が数人ある場合の任務の執行
遺言による複数の遺言執行者の指定 遺言を作成する際に遺言執行者を指定することができます。遺言執行者の人数には制限がありませんから、1人だけではなく複数の執行者を指定していることもあります。遺言や遺言執行者の存在を、相続人が知らない場合には、 […]
遺言執行者の解任及び辞任
遺言執行者の解任及び辞任の方法 遺言執行者とは、被相続人が残した遺言書の内容を実行することを職務とした人のことをいいます。 遺言者は遺言により遺言執行者を指定することができます。 また、その指定を第三者に委託することもできます。 こういった […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学