共同相続人に該当しない親権者が未成年者である子に代理して遺産分割協議書を作成する場合

親権者とその親権に属する子が共に遺産分割協議の当事者となる場合には、親権者は、その子の代理人として遺産分割協議に参加することはできません。では、認知された未成年者である子の母は、法定代理人として、この子の遺産分割協議に参加できるのでしょうか。以下で解説します。

共同相続人非該当の母が未成年者に代理し作成した遺産分割協議書

ある質問者から、以下のような照会が国税庁に対して発せられました。

被相続人Aには、配偶者B、子2人(双方とも成年者)がおりましたが、Aは生前、Aが妻以外の女性Cに産ませたD、E(Dは未成年者、Eは成年者)を認知しておりました。

ここで、Aが亡くなり、Aの配偶者B、2人の子、Aが認知したCの子D及びEが相続人となり、この共同相続人の間で遺産分割協議が行われることになりました。

制限行為能力者である未成年者が法律行為を行う場合には、通常は、親権者を法定代理人として、親権者が未成年者である本人に代わって法律行為を行います。

但し、遺産分割に関して、親権者と未成年者が共に共同相続人となる場合には、親権者が未成年者の法定代理人として、未成年者に代わって遺産分割協議を行うことは、利益相反行為に該当するため、無効な行為とされます。

そこで、そのような場合には、家庭裁判所が特別代理人を選任し、当該特別代理人が本人である未成年者の代理人として遺産分割協議を行います。

さて、Aの相続に関しては、Cは、Dの親権者ではありますが、Aの相続に関しては、相続人とはなりませんので、Dの法定代理人として、Dに代わってAの遺産分割協議に参加できるのでしょうか(Cは包括受遺者ではありません)。

この照会に対して、国税庁は、CはDの代理人としてAの遺産分割協議に参加できると回答しました。

この質問及び回答が、国税庁の質疑応答「共同相続人に該当しない親権者が未成年である子に代理して遺産分割協議書を作成する場合」となります。

認知した子の双方が未成年者である場合について

上記の質疑応答の例では、Aが認知した2人の子D及びEのうち、Dのみが未成年者で、片方のEは成年者でしたが、D及びEの双方が未成年者である場合には、D及びEの親権者Cは、遺産分割協議に関しては、D及びEのいずれか一方の代理人にしかなれません。

よって、この場合には、家庭裁判所に請求することによって、Cが代理しない方の未成年者である子の代理人となる者(特別代理人)を選任しなくてはなりません(民法第826条第2項)。

その理由は、D及びEは、共に遺産分割協議の当事者となりますが、利害関係が対立する当事者双方が同じ代理人を選任することは、双方代理として禁止されているからです(民法第108条)。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

分割が確定していない段階での預金の凍結解除について
口座の名義人が亡くなると、一切引き出すことができないように口座が凍結されてしまいます。 ですが、分割後の書類提出や分割前にある方法を取ることで、一度口座が凍結されても解除することができるのです。 口座の凍結でトラブルを防ぐ 銀行の口座は、名 […]
戸籍一式・遺産分割協議書・印鑑登録証明書
ほぼ全ての相続手続きで必要となる書類関係は共通しています。 まず、「戸籍一式」です。亡くなった方(被相続人)の財産を取得する権利を有する相続人を確定させるために必要となる書類です。まず、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍が必要となりま […]
相手方相続人が弁護士等の代理人を立てた場合
記事161 相手方相続人が弁護士等の代理人を立てた場合 ディスクリプション:遺産分割協議において相続人間で協議が整わない場合、相手方相続人が弁護士を立ててくる場合があります。ただし、通常の協議では、こちらも弁護士を立てる必然性はありませんが […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学