相続の放棄の効力

相続放棄をした場合どうなるのか

相続放棄というと、普通は財産をもらわないことだと思われています。相続人の間で話し合い、一部の相続人が財産を要らないということで処理するのは、民法で言う相続放棄とは違います。
相続放棄とは、相続にかかる権利義務すべてを放棄することを言います。そして、そもそも相続人とならなくなるということになるのです。相続人ではないのですから、「相続人の間で話し合い」決める場合は相続放棄とは言いません。
相続放棄をする場合は、放棄をする人が裁判所に申述してしなければなりません。その人の意思表示だけでできるわけではなく、裁判所の介入が必要になります。権利を失うわけですからそれだけ慎重に手続きが進むのです。
それで認められれば相続放棄の効力を第三者にも対抗できます。負債が相続財産として残った場合、その負債を請求されることはなくなるのです。そのかわり、後で財産が出てきても一切相続することはできなくなるので注意しましょう。
また、相続放棄をすると、その相続人を代襲するということはなくなります。通常子どもが相続人の場合、その子どもが亡くなっていれば孫が代襲するということもあるのですが、子どもが相続放棄をした場合は孫が代襲することはありません。
これに対し、相続廃除をされた場合は相続権を失った子どもにかわり、孫が代襲するということがあります。この廃除と放棄の規定は似ているため混乱しがちなので気を付けましょう。結論は全く逆になります。

(相続の放棄の効力)
第939条
相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

共有持分の放棄に係る課税関係
共有持ち分には不動産の場合が多いです。両親の死後、兄弟で不動産を共有で相続した場合などが共有所有になります。 複数の者で共有により所有している場合です。 共有で所有をしている場合、個人で所有をしているより賃貸にしたり、売却処分をしたり、建造 […]
相続の放棄等をした者が当該相続の開始前3年以内に贈与を受けた財産
相続が開始された場合、その相続人は「単純承認」「相続放棄」「限定承認」3つの方法のいずれかを選択することができます。 「単純承認」とは、相続人が被相続人(亡くなった方)の財産をすべて受け継ぐことを指します。この財産には負の財産、つまり借金等 […]
相続を放棄した者等の債務控除
一般的な相続の場合、被相続人が借金等の債務を残して亡くなった場合、被相続人の残した財産の価額から、その債務の価額を控除して相続税を計算しますが、そのことを債務控除といいます。ところで、相続を放棄した者に対する債務控除はどのようになるのでしょ […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学