親の介護をしていようと、相続分は平等

今まで親の介護を頑張ってきた長男は、それを理由として他の相続人よりも多くの財産を貰うことができるのでしょうか。

その頑張りは、寄与分として認めてもらうことができるのかについても見ていきます。

親の介護は相続時に考慮してもらえる?

介護が必要な高齢の親がいる家庭では、施設に入居できない等の理由から、子供が介護をすることが非常に多くなっています。

介護者は自分の生活をしながら親の世話もしなければならないため、肉体的にも精神的にも大きな負担を強いられます。

お金が欲しくて介護をしているわけではないにしても、この頑張りが全く評価されないというのであればあまり良い気持ちはしませんよね。

将来親が亡くなり相続することになった場合には、今までの介護の頑張りは評価してもらえるのでしょうか?

他の相続人は自分の持ち分を主張できる

日本の法律には、「介護で頑張っていたから自動的に相続分を増やします」という規定はどこにもありません。

相続財産である1000万円の現金を長男と次男で分ける際に、長男が介護を理由に800万円を自分の取り分と主張したとします。

その時でも、次男は法定相続分の500万円は自分の物だと主張できるということなのです。

ですが、これでは長男は納得できないでしょう。

次男が遊んでばかりで一度も親の介護をしていないとしたら、頑張った長男と同じ割合で相続するのは不平等な気がします。

この場合に、長男は取り分を増やすことはできないのでしょうか?

寄与分が認められる代表例

民法には、長男に嬉しい「寄与分」という規定があります。

これは、被相続人の財産の維持や財産の増加に、特別に貢献したと認められる者がいる場合にそれを考慮して相続分を修正するというものです。

寄与分は、共同相続人であって特別の寄与をした人であることが求められます。

この「特別の寄与」というのは、単に介護を手伝ったという事実だけでは足りません。

家族間には相互扶助の義務がありますから、親と暮らしながら介護をして生活するというのは相互扶助の中に含まれてしまうのです。

特別の寄与として認められる代表的な例は、相続人が無償で被相続人の家業に従事した場合や、相続人が被相続人の事業を手伝い始めてから被相続人の財産が莫大に増加した場合などが挙げられます。

精神的なサポートだけでは不十分

特別の寄与の代表例から分かるように、寄与の方法は様々で特に制限は設けられていません。

ですが、寄与分の定義にもあるように、何らかの形で被相続人の財産の維持・増加を実現する行為でなければなりません。

そのため、介護という精神面だけの援助では寄与分が認められることはなく、相続人が被相続人の年金で足りない部分を補うというような金銭面での援助も必要になるのです。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

養子縁組前に出生した養子の子の代襲相続権の有無
養子縁組前に出生した養子の子の代襲相続権の有無の判断 養子縁組をすると養親と養子との間には血縁関係が生じることとなり、このことにより養子は養親の嫡出子となります。 そのため、養子には養親が死亡した際には当然相続権が発生することになります。そ […]
被相続人の直系卑属でない者が養子となっている場合の相続税の2割加算
相続税額は、相続人それぞれの状況や相続財産の種類などによって、以下の順序で控除が行われます。そのため、それぞれを細かく確認して計算しなければいけません。 1.贈与税額控除 2.配偶者の税額軽減 3.未成年者控除 4.障害者控除 5.相次相続 […]
相続税法第15条第3項の規定により実子とみなされる養子の範囲
相続における実子と養子 相続税法において、相続ができる養子の人数は決まっています。これは養子を無制限に相続人として認めてしまうと、相続税の基礎控除額が増えてしまうからという理由があります。これを防ぐために相続税法では、被相続人に実子がいる場 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学