遺族年金の請求

 年金を受けている方が死亡した当時、その方によって生計を維持されていた遺族の方がある場合は、遺族年金が受けられます。

遺族年金を受けることができる遺族および順位

【第一順位】

・ 配偶者(夫は55歳以上、但し支給開始は60歳から)
・子(18歳到達年度の末日(3月31日)までまたは20歳未満でl級・2級の障害の状態にある者)

【第二順位】

・55歳以上の父母(ただし、支給開始は60歳から)

【第三順位】

・孫(18歳到達年度の末日(3月31日)までまたは20歳未満で1級・2級の障害の状態にある者)

【第四順位】

・55歳以上の祖父母(ただし、支給開始は60歳から)

(社会保険庁HPより)

遺族年金の請求先

自営業者の場合 ⇒ 住所地の市区役所・町村役場の国民年金課
厚生年金被保険者の場合 ⇒ 社会保険事務所
共済年金被保険者の場合 ⇒ 各共済組合

年金給付の請求は、受けられる権利が生じてから5年(死亡一時金は2年)以内に手続きをしないと、その間の年金が受給できなくなくなりますので注意が必要です。

遺族年金請求の必要資料

○ 年金手帳(被保険者証)

○ 戸籍謄本

○ 住民票、住民票の除票

○ 印鑑(認印可)

○ 所得証明書

○ 在学証明書

○ 健康保険証

○ 死亡診断書又は死亡届の記載事項証明書

上記は代表的なものです。その他にも必要な資料が必要な場合がありますので詳しくは請求先の窓口にお問い合わせ下さい。

チェスター相続クラブ

関連性が高い記事

葬祭料・埋葬料の請求
葬祭料の請求(故人が国民健康保険の被保険者であった場合)  国民健康保険の被保険者が亡くなったとき、その故人の葬祭を行った者は、葬祭費が受けられます。 【葬祭費の請求方法】 受けられる額・・・区部7万円、市町村部 3万~7万円 請求先・・・ […]
青色申告承認申請
 被相続人が行っていた事業を承継した相続人が青色申告者になるための青色申告承認申請書(以下「申請書」といいます)の提出期限は、被相続人が青色申告をしていたかどうか、相続人が事業を営んでいたかどうかにより次のように区分されます。 なお、相続人 […]
相続関連用語集
遺産分割 遺産分割とは、相続人が複数いる場合、相続財産を各相続人に振り分けることです。相続が発生すると、相続財産は一度相続人全員の共有になります。それを所定の続きを踏んで、各相続人に分けるのが相続の流れにおいて重要になります。 遺留分 遺留 […]

カテゴリから他の記事を探す

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • 事前登録割引制度
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学

税金に関するコラム