その他

こちらでは、相続に関する基本的な手続きや税制等の解説を行っております。

その他

相続財産の寄附を受けた公益法人が当該財産の売却代金を法人の事業の用に供した場合
相続財産を国等の政令で定める公益的団体に寄附し、当該寄附を受けた団体が寄附財産を直接事業の用に供する場合、国等に対して相続財産を贈与した場合等の相続税の非課税等の規定が適用されます。では、寄附を受けた団体が寄附財産を換金の上事業の用に供する […]
医療法人の出資持分の変更があった場合
医療法人の増資を特定の者の負担で行い、その結果、出資者全員の持分が均等に増加した場合、増資分の負担がないにもかかわらず、出資金持分が増加した出資者は、将来の出資金の払戻金額の増加という利益を享受しますが、これに対して贈与税は課税されるのでし […]
特定障害者扶養信託契約の信託財産の範囲
心身の具合が著しく良くないと認められる『特別障害者』と呼ばれる方がいます。 こうした特別障害者を受益者とする形で、親族などが信託を設定することがあります。この場合は設定した財産の内の6,000万円までの部分については、贈与税を非課税とする制 […]
特定障害者扶養信託契約の「特別障害者の居住の用に供する不動産」の範囲
特別障害者が居住する不動産を一定の条件で信託した場合、その信託に対して一定額まで贈与税が非課税となります。そこで、特定障害者の居住する建物をその兄が所有し、その敷地をその父母と兄が共有する場合、その敷地の父の持分の信託に対して、贈与税は非課 […]
受益者のための居住用不動産を取得することの可否
特別障害者扶養信託と認められるためには 特定障害者扶養信託の要件の一つとして、『相続税法施行令第4条の12第3号』に規定される内容があります。それは、『特定障害者に関わる信託財産の交付』についての金銭の支払いは、『障害者の生活や療養の需要に […]
遺留分減殺請求に基づき返還すべき額が確定した場合の課税価格の計算
遺留分減殺請求権に基づき返還すべき額が確定した場合、それによりその価額の返還を受ける者、又は、それにより価額を支払う者は、相続税の計算において、その受取額又は支払額をどのように扱うべきでしょうか。以下では、この問題について解説します。 遺留 […]

<<前の10件へ  1  2  3  

相続大辞典目次へ

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

今すぐお問合せ 0120-390-203 PHS・携帯OK 【土日・夜間・訪問対応も可】平日9時~21時、土日9時~17時 メールでのお問合せ info@chester-tax.com

相続税に関する無料個別相談会開催中 お申込はこちら

出版書籍

『相続はこうしてやりなさい』これ1冊で相続のことが全て分かる!!

『相続はこうしてやりなさい』
これ1冊で相続のことが全て分かる!!

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:ダイヤモンド社

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』ミステリー小説で相続が早わかり

『「華麗なる一族」から学ぶ相続の基礎知識』
ミステリー小説で相続が早わかり

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:亜紀書房

税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A 1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選。

相続税専門
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

  • 無料進呈 相続税申告必要資料準備ガイド
  • 税理士法人チェスター物語
  • 取材・セミナー履歴

    今まで当社がお手伝いさせていただいた新聞・雑誌の記事執筆、テレビ・CM出演、セミナーのご依頼等の履歴のページです。

  • お客様の声

    今まで当社がお手伝いさせていただいたお客様の中から、アンケートを一部ご紹介させていただきます。

  • 選ばれるチェスターの品質
  • れお君の相続徒然日記
  • 税理士 伊原慶のブログ
  • ビジョナリーバナー画像
  • Googleインドアビュー事務所内見学